アクセンチュア新卒内定を本気で考える

高学歴相手に太刀打ちするためにはそれなりの知識と準備が必要です。就活をやってきた中で経験したことを書いていきます。

アクセンチュアのキャリアパスについて新卒向けに1から解説する

f:id:ec0484ki:20171212203357p:plain

 

アクセンチュアのキャリアパスについては、アクセンチュアの特徴について新卒が最低限知っておくべき11のことの記事でも触れていました。

 

今回の記事は、前回の内容ではともて収まりきらなかった、アクセンチュアに入ってからどのようにキャリアを積み上げていくのかというキャリアパスについてより深いところまで説明します。

 

アクセンチュアのキャリアパスの役職のステップアップというのは、、

【アクセンチュアのキャリアパス概要】

 

1.アナリスト

↓ 3~4年

2.コンサルタント

↓ 3~4年

3.マネージャー

↓ 2~3年

4.シニアマネージャー

↓ 5~6年

5.パートナー/アソシエイトパートナー ☜コンサルタントの到達点(化け物)

 

と、こういう流れで昇進していきます。

 

新卒でアクセンチュアに入社したあなたに与えられる役職のまず最初は、アナリストです。

 

コンサルタントの役職になれるまでに最低でも3年はかかります。

 

そして、コンサルタントの到達点ともいえるパートナーになるまでには最短ルートで13年かかります。

 

とうことは、新卒で入社してパートナーになるまでには、頑張って頑張って頑張って頑張って35歳からということです。

 

では、早速アナリストから始まる壮絶なキャリアパスについて、新卒の就活生に知っておいてもらいたいコンサルタントが受け止めるべき真実を織り交ぜながらお伝えしていきます。

 

 

アクセンチュアの新卒コンサルタントは「アナリスト」から始まる

 

晴れて、アクセンチュアのコンサルタント。

 

とはいっても、最初はアナリストという役職から始まります。

 

内定者オリエンテーションや内定式では散々ブラックじゃないブラックじゃない、大丈夫だから、安心してと甘やかされてきましたが、そんな日々も今日で終わりです。

 

これから新卒の一年目の学生は、コンサルタントの役職に就くための地獄の3~4年間が始まります。

 

もちろん4年たっても仕事ができない奴は、先輩コンサルタントから見捨てられますし、メンタルがやられて辞めていく社員も多数出ます。

 

で、アナリストの仕事は何かって?

 

それはもう決まってますよ。

 

あなたの上司であるコンサルタントの奴隷となって、コンサルタントから言われるがままにつまらない仕事、頭をつかわない仕事をこなしていきます。

 

と、これがコンサルタントに勤めるおじさんがよくいう新米コンサル社員に浴びせる揶揄ですが、決してアナリストがゴミみたいな仕事をやっているわけではありません。

 

あくまで、頭をつかわない仕事というのも、先輩コンサルタント目線での意見です。

 

なので、新卒の社会人にとっては例え、与えられる仕事が頭を使わないパワポの資料作りであろうが、エクセルの作成だろうが、プレゼンだろうがなんだって意義のある経験です。

 

ためになります。

 

単純にここからアクセンチュアのコンサルタントとして一人前になるための地盤を築くための期間です。

 

また同時に、ただ言われるがままにコンサルタントである上司のいう事を聞いていても面白くありません。

 

時間がある限り、アクセンチュアが用意している研修トレーニングやオンラインの学習プログラムを活用して、日々勉強しましょう。

 

まぁ、このあたりは個人の能力差もありますが、基本的には実務の中でコンサルタントだけでなくマネージャーの動きをみながら学んでいくスタイルが有効であるとも言われています。

 

ちなみに、この期間のアクセンチュアの給料は450万円前後です。

 

ほとんどコンサルタントからしたら雑用と言われる仕事しかしていないのに、これだけのこれだけの給料がもらえるのはありがたいことです。

 

これもアクセンチュアの新卒に対する大きな投資なわけですから、期待にこたえられるように日々努力しましょう。

 

 で、アナリストとしての業務を日々こなしながら一定の能力がついたと判断されれば3~4年でコンサルタントに昇格です。

 

さらっと昇格ですとかいってますが、ここまで来るのに何十人というコンサルタントが既に辞めています。

 

私が新卒で入ったコンサルタント会社は、同部署の同期が15人いましたが、すでに全員が会社を辞めています。4~5年で半分、10年目で残り1人となり、彼も12年目に辞めました。

 

厳しい仕事をこなし、アナリストとしての試練に耐え、見事昇格を勝ち取った先に、ようやくコンサルタントという肩書が待っています。

 

ここからが正真正銘のアクセンチュアの「コンサルタント」

 

いよいよ、ここからがアクセンチュアのコンサルタントです。

 

プロジェクトで実際の作業のほとんどを担当する実働部隊といわれるのがこの役職です。

 

ちなみに中途入社の場合は、基本的にはここからキャリアをスタートする場合が多いです。

 

コンサルタントになると、プロジェクトの中のある一定範囲を受けもって自分の判断で業務を進め、その進捗ごとにマネージャーの支持をあおぐといったスタイルの仕事になります。

 

ここでマネージャーから振られる仕事というのは、まぁなんともざっくしりな指示です。

 

コンサルタントなんだからそれくらいわかるでしょ?と言わんばかりの「この問題について考えて」といった指示で、終了です。

 

ここからコンサルタントは、自分の頭で考え、誰にインタビューを行い、何を分析し、どうアナリストに仕事を振るのかを総じて考える必要があります。

 

簡単に言えば、、

 

  • アナリストがアルバイト
  • コンサルタントが店長
  • マネージャーがオーナー

 

という関係。

 

で、そのなかでコンサルタントとしての様々な問題解決にあたり、幅広い知識や経験を身に付けながら、クライアントとの折衝力、部下であるアナリストへの指示の仕方を身に着け、これを3~4年間続けることが出来れば、そこでマネージャーへの道は開けます。

 

もちろん、誰もが3~4年でマネージャーになれると思ったら大間違いです。

 

具体的な基準はわかりませんが、コンサルタントとしての一定レベルに達したと判断されれば、晴れてマネージャーへの昇格です。

 

ここまでくれば10人の同期がいれば9人は辞めている「マネージャー」

 

プロジェクト進行の責任者がマネージャーです。

 

仕事の幅は格段に拡がり、さまざまな事柄に目配りや気配りが必要になってきます。

 

まずはチームのメンバーに対して、プロジェクトに進むための「道筋」を示すことがマネージャーの大きな役割です。

 

マネージャーがここで指示をミスれば、どれだけコンサルタントやアナリストが一生懸命仕事を頑張っても、チームのメンバー全員が大コケします。

 

そうなると、クライアントからの信頼も失い、評価も得られず、マネージャーとして失格です。

 

そのためにも、マネージャーはどんな無理難題であっても、コンサルタント、アナリストたちに要求してきます。

 

「不可能を可能にしろ。」

 

そんなマネージャーからの言葉だけ聞くとなんかカッコいいですが、実際にやれといわれても可能ではないから不可能であるのに、それを可能にしろなんていう矛盾にもほどがあるだろ、という指示ではありますがマネージャーからしたらそんなことお構いなしです。

 

ここまでくると、ある意味でコンサルタントもアナリストもマネージャーの奴隷です。

 

マネージャーは奴隷使いです。

 

そんな環境で、いったいどれだけのアクセンチュア社員が残っているのでしょうか?

 

ここまで残っているひとの生体が僕にはわかりません。

 

アクセンチュアとしても、30代を過ぎた社員に、ずっと居座ってもらわれては困るわけです。

 

アクセンチュアからしても辞めてもらうことは大いに歓迎モードです。

 

逆にここまでしがみついてどうしたの?という待遇でしょう。

 

それでも必死にしがみつき、コンサルタントとアナリストの奴隷使いとして、プロジェクトのクオリティを徹底して管理し、スケジュールを死守し、予算管理にも抜け目なくやり遂げることができれば、ついにシニアマネージャーの称号の獲得です。

 

人ではない何か。「シニアマネージャー」

 

ハンターハンターっぽくなっちゃってますが、シニアマネージャー職というのは、僕からしてみれば「人ではない何か」です。

 

それがシニアマネージャーです。

 

ちなみに、僕がアクセンチュアの一次面接を担当してくださったコンサルタントというのは、この通信・メディア・ハイテク本部に所属する「シニアマネージャー」の方でした。

 

その面接の中ですごく印象に残っていることがあって、僕がこのシニアマネージャーの方に「どういったキャリアパスを描いてシニアマネージャーにはなられたのですか?」という質問をした時の回答です。

 

何と返されたかというと、、

 

「気付いたら、ここまで来てたよね。」

 

という一言でした。

 

もはや狂気です。

 

気付きますよね?普通の人なら。

 

気付いたらシニアマネージャーになっていたって、もう普通の価値観で働いていては絶対になりまんせん。おかしいです。変人です。←誉め言葉です。

 

そんなシニアマネージャーがどういった仕事をやっているのか?というと業務が少し変わります。

 

それが何かというと「営業」です。

 

もちろん、新卒採用のための「面接官」も新たな仕事の1つですが、何よりも重要なのがこの「営業」になってきます。

 

扱う商品については、無形のコンサルティング料という数千万〜数億円の得体のしれない商品です。

 

アクセンチュアの場合は、長年の付き合いのクライアントが多数いることも事実ですがが、新規クライアントを獲得のためにやり抜くわけです。

 

もうここまでくると本当にわかりません。

 

僕がいくら「人ではない何か」が遂行する仕事内容について調べ上げても、それらを僕が語るには早すぎます。

 

早すぎるというよりも、そんな日は永遠に来ないでしょう。

 

一般的にはコンサルタントになるからには、マネージャーまでは昇進しよう!なんてことが書かれていますが、確実に人として大事な何かを失わなければ、ここまで来るのは至難の業です。

 

コンサルタント職の新卒の採用倍率は一般的は、数百~数千倍とおも言われています。

 

さらに、そこからアナリスト→コンサルタント→マネージャー→シニアマネージャーとくるまでに10人に1人しかたどり着けないわけです。

 

一万倍です。

 

コンサルタントになりたいと志した一人の人間の中の一万人に1人が、シニアマネージャーになれるかなれないかという次元の世界です。

 

僕にはもうわかりません。

 

というわけで、「人ではない何か」のその先にある役職「パートナー」に移ります。

 

平均到達年数15~20年。コンサルタントの到達点「パートナー」

 

パートナー職は「コンサルタントの到達点」です。

 

パートナーまでになると、マネージャーまでの仕事内容からさらにうってかわって、アクセンチュア全体の経営を視野に入れた仕事が求められます。

 

アクセンチュアの日本にいる数千の社員、世界中にいる数万の社員の働き方を設計する仕事です。

 

交渉相手として有名企業の経営層クラスの人たちや、世界経済の最先端でビジネスを行っている人たちと熱い議論を交わし、アクセンチュアの発展に貢献していきます。

 

自分でも何を言っているのかもうよくわかりません。

 

しかし、あなたにパートナーになることを諦めろと言っているわではありませんよ。

 

新卒採用から来たアクセンチュアの社員の方が、中途社員上がりよりも、パートナーになっている人材の母数は多いそうです。

 

とはいえ、どんな人がパートナーに向いていて、どんな人がパートナーになれるといったことは理解不能です。

 

なのでここから先は、アクセンチュアの社員になってみてから、パートナーを目指すなり目指さないなりを考えてもらえればと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

だいたいこれを読んで、アクセンチュアのコンサルタントとしてのキャリアパスについての概要は掴めたはずです。

 

これはあくまで僕の場合ですが、アクセンチュアのマネージャーになるつもりなんて早々ありません。

 

コンサルタントになれさえすれば、間違いなくアクセンチュアを辞めるつもりです。

 

そう、新卒のエントリーシートにも書きました。

 

私は、アクセンチュアでのコンサルタント職を自身のキャリアの通過点にする覚悟です。

引用:「ES:未来のアクセンチュアに必要なDNA」についての実際に提出したesをそのまま公開!

 

それでもアクセンチュアは受け入れてくれたわけです。

 

むしろ大歓迎だと思います。

 

これからのコンサルサルティングファームには終身雇用という発想がそもそもありません。

 

なぜなら、「高級人材レンタル」型のビジネスモデル的にも大量に若手を入れた後は、ある程度の年齢になってからアクセンチュアとしても抜けてもらわなくては困るからです。

 

抜けてもらわなくては困るとは直接言われはしませんが、それが本音です。

 

となると、雇われる側もその考えを前提にキャリアパスについて考えておくべきです。

 

自分がどの役職まで進んで、そこからどう転職するのか?もしくはどんな働き方をするのか?これを機に改めて新卒にも考えてもらえればと思います。それでは、また。

 

 【初めての方へ。】

コンサルは向いているか、向いていないか、が大きいです。でも、そんなことやってみなければわかりません。今まさにこの瞬間から、「考えて行動する」ことを始めれば何事も遅くはありません。「意識と行動」が変わればどんどん成長していきます。20代の現瞬を大切にしてゆけば、必ず結果はついてくるのです。このブログに巡り巡って出会えた”今”から頑張ってください。高学歴相手にも負けない、コンサルティングファーム内定までの、僕がたどった1本の成功法則をここに残します。

・「”PDCAサイクルを回せることを証明する”というゴールの確認→テクニック習得→実践経験」これがコンサルティングファームからの新卒内定獲得の必勝法です。

 

アクセンチュアにエントリーする前に知っておくべきこと 

f:id:ec0484ki:20180110174237j:plain

 

中途半端にアクセンチュアにエントリーしてしまっている人は、それぞれの職種の違いを全然わかっていない状況でエントリーしがちです。そういう人に限って、早々に選考落ちします。自分がどの職種を受けるべきか、早いうちから確認しておいてください。


・アクセンチュアの「ビジネスコンサルタント職」

・アクセンチュアの「デジタルコンサルタント職」

・アクセンチュアの「ソリューション・エンジニア職」

・アクセンチュアの「新卒採用プロセス、仕事内容」

・アクセンチュアで働く「メリット・デメリット」

 

アクセンチュアの内定が欲しいなら最低限知っておくべきこと 

f:id:ec0484ki:20180110174134j:plain

 

アクセンチュアの国内通常選考の選考ステップと各フローの対策についての最低限確認しておくべき情報をお伝えします。これらの情報に目を通しておけばアクセンチュアのビジネスコンサルタントの選考にもかなり楽に進むことができますし、内定獲得までの選考の流れが一気につかめます。


・アクセンチュアの「ES対策」

・アクセンチュアの「WEB適性検査対策」

・アクセンチュアの「GD対策」

・アクセンチュアの「ケース面接対策」

・アクセンチュアの「最終面接対策」

etc... >>


面接本番で最高のパフォーマンスを発揮するための「面接心理戦略」

f:id:ec0484ki:20171229131744p:plain

 

コンサルの面接で見られているポイントは、言ってしまえば1つしかありません。このポイントをいかに見せつけるのかに全身全霊を注ぐことが、あなたが面接でやるべきことです。そのためには、面接官から「好印象をもってもらうこと」が何よりも重要になってきます。


・コンサルの面接で見られている「たった1つのポイント」

 


コンサル志望者のための「ケース面接の極意」

f:id:ec0484ki:20171229131815p:plain

 

ケースス面接が得意な就活生というのは、普段から論理的な思考ができている学生です。しかし、論理的思考力が出来る素質があっても、その素質を頭から引き出す作業(書籍を読む、ケーススタディの講座を受講するなど)が充分に就活中に出来ていなければ、せっかくの才能も宝の持ち分されとなります。そうならないためにも、ケースススタディ攻略のためには、何が出来ればいいのか?をまずは把握しておいてください。


・ケーススタディ攻略に必要な「7つのスキル」を徹底解説!

 


コンサル志望者のための就活理論


コンサル志望者のための「自己分析のヒント」

f:id:ec0484ki:20180110173556j:plain

 

コンサルタントには向き不向きがあります。そのヒントとなる向いている人に共通する特徴を一応知っておいてください。


・コンサルタントに向いている人の5つの特徴 

 

「コンサル業界」を理解する

f:id:ec0484ki:20180110173656j:plain

 

コンサル志望者は他の就活生とは異質です。就活生の二極化は進んでおり、今や9割の学生は超安定志向であり、大手企業に入れればそれでいいという人です。その残りの1割の中でも、さらに数少ない、自身のキャリアビジョンを転職前提に考える人、それがコンサル志望者です。そんな特殊な業界のビジネスモデルを知ってください。


・新卒がコンサルティングファームに入るために知っておくべき11の知識

 

主要コンサルティングファームの「採用プロセス」を理解する

f:id:ec0484ki:20180110173735j:plain

 

本命コンサルティングファームからの内定獲得を目指すにあたって、どこを実験台企業にして、どこを本気で狙って、どこを確実に仕留めに行くのかという計画を立てる上で例年の採用プロセスあなたの年度のエントリー締め切り日程につて、企業HPのURLを載せているのでそちらで確認しておいてください。


・主要コンサル32社の採用プロセス。エントリー締め切り日から逆算して、本命企業に向けての計画を立ててください。

 

コンサル志望者のための「ES(エントリーシート)対策」

f:id:ec0484ki:20180110173815j:plain

 

ES(エントリーシート)執筆にはあれこれやり方がありますが、以下記事にある方法が最も効率よく、最も賢く、選考に通過できるESを作り上げるためのやり方です。一枚のES執筆に何日も時間をかけている暇はありません。このような手順でESを書いていけば、もうES執筆に時間を取られる心配は今後一切いりません。


・アクセンチュアのESの書き方を例に、最も効率よく各コンサルティングファームのES執筆を仕上げる方法について解説

 

コンサル志望者のための「WEBテスト対策」

f:id:ec0484ki:20180110174711j:plain

 

コンサル志望者が就活で最も気を付けておいてもらいたいのが「WEBテストの対策が間に合わなくなってしまう事態」です。十分な対策が間に合うか、間に合わなかったか、ここで大勢のコンサル志望者が毎年脱落しています。なので、あなたもその脱落者の1人にならないようにWEBテストの学習指針については、しっかりと自己管理しながら進めていってください。


・WEBテストの対策の進め方がよくわかっていない人は、こちらを参考に。

 

コンサル志望者のための「OB訪問完全マニュアル」

ンサル志望であるないにかかわらず、OB訪問を甘く考えている就活生は多すぎです。言っておきますけど、アクセンチュア内定者は、僕が話を聞けた10人ほどの学生は全員OB訪問を1回以上していました。中には、今でもラインで繋がっていて、入社前の希望職種アンケートがあるのですが、それについての相談をガッツリやってもらっている強者もいるくらいです。OB訪問をしておくことは、アクセンチュア入社のキャリアビジョンを考える上での有利になるのです。やらない理由など一切ありません。


・中途半端な学歴の大学生が超高学歴に負けないためには最低1回以上のOB訪問をしていることはもはや当たり前。

 


コンサル志望者に本当におすすめできる就活・教則本

ンサル系のインターンシップに参加している人なら、そこで就活生と情報交換する機会も多いと思うので分かると思いますが、彼らの持っている知識はもはやその辺の学生の持っている知識レベルをはるかに超えています。僕もこの事実を知った日から、死に物狂いで、コンサル関連の書籍を、多い時には3日1冊ペースで読み漁りました。

 

でもそれくらいしているのが普通だったわけです。本を読まないコンサル志望者は、コンサル志望者などと語らないことです。最低でも5冊程度は覚えるくらいに読み込んでおきましょう。10冊と言いたいところですが、コンサル関連の書籍は難しくて何かいているのかわからないって本も結構あるので、その点も考慮しての5冊です。以下ではおすすめ本10冊を紹介してます。


・コンサル志望者のための(論理的思考力が鍛えられる)おすすめ就活本総まとめ

 

コンサル業界から需要はものすごいはずなのに、なぜか入れない高学歴の学生が知っておくべきこと

は高学歴ではなかったので、高学歴が羨ましいです。もし僕のエントリーシートに記入できる学歴の欄が、早慶上智および東大京大であれば、恐らくとんでもない確率でES通過していけたのでしょう。それでも、僕は知っています。そんな高学歴であるにも関わらず、就活に失敗してしまうとんでもなく残念な人を。そんな人にアドバイスです。


・高学歴なのに就活で上手くいかないことになってしまう予備軍の人が、就活を始める前に確認しておくべきことまとめ

 


就活初心者がアクセンチュアから内定獲得するための超効率的な対策法

 

当ブログも記事数が増えてきたので、どこから手を付けて良いか分からないという人のために、就活初心者が効率的に対策するための記事だけをまとめておきます。

 

僕のアクセンチュア内定獲得事例に頼らないで外から何とか学びたいのならこの順番で進めて行ってはどうでしょうか?


① 論理的思考力を鍛える本を読む(コンサルタントを目指す者としての土台を築く)

 

② 実際に内定しているアクセンチュアのESのお手本を見て構成やエピソードを決める

 

関連:アクセンチュア内定者とはどんな学生であるのか?を多角的に把握する

 

③ やる気になったら、OB訪問を通じてアクセンチュア社員から”生”の情報収集をする

 

④ 自分の現状のスキルを正確に把握して、問題集で具体的な選考対策をする

 

→ WEBテストの問題集は、7割以上を安定して採れるようになるまで解く

 

→ ケーススタディの問題集はまずは一冊を覚えるくらいに繰り返し解く

 

・・・の前に自分に本当にあっている問題集がどれかを見極める。

 

⑤ レベルに応じて面接にたどり着ける企業からエントリーを開始して実践経験を積む

 

⑥ テストセンターの試験とGD(グループディスカッション)は選考に進みながら検証して実力を蓄えていく

 

⑦ 自分の実力不足を感じたら講座や就活コンサルなどで解決する

 

新着記事