アクセンチュア新卒内定を本気で考える

高学歴相手に太刀打ちするためにはそれなりの知識と準備が必要です。就活をやってきた中で経験したことを書いていきます。

ハロー効果を使って、面接官に”あの子は優秀な学生であったなぁ”という印象を抱いてもらうための2つの小ワザ

f:id:ec0484ki:20171231024943j:plain

 

突然ですが、あなたは「ハロー効果」というものを知っているでしょうか。

 

ハロー効果とは、ある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。 光背効果、後光効果とも呼ぶ。 心理学の世界では、認知バイアスと呼ばれるものの1つである。

 引用:ハロー効果とは|MBAのグロービス経営大学院

 

ハロー効果につていは、ビジネススクールでもMBA用語集の1つとして紹介されています。

 

つまり、ビジネスの場面でもこのハロー効果というのは重要なものです。

 

で、このハロー効果という名称はどうでもいいのですが、実は就活の面接時ではこのハロー効果を上手く使っている人ほど、企業の選考には突破しているのです。

 

意識的に使っている人もいれば、無意識でやっている人もいるでしょう。

 

しかし、もしこのスキルを意識的に使えるようになっておけば、短い面接時間の中で、最高のパフォーマンスを意図的に発揮することが出来るようになります。

 

ある程度のハイレベルな就活生が集う面接となると、学生時代の経験や、その人自身のポテンシャルには、もうそれほど差がありません。

 

もちろん、じっくり時間をかけて、一人一人と向き合うことが出来れば、そのあたりの差も見極められるのでしょうが、何せ15~30分程度の面接では不可能です。

 

となると、面接官は何をもってして学生を判断するのかというと、面接時にどれだけ優れた学生に見えたかどうかです。

 

つまり、実際に優秀かどうかというよりも、優秀だという印象を持たすことができた者が勝つのです。

 

これは面接の仕組み、時間の都合上、仕方ありません。

 

そこで今回は、ハロー効果を使って、面接官に”あの子は優秀な学生であったなぁ”という印象を抱いてもうらための2つの小ワザについて解説していきます。

 

 

ハロー効果を利用して、あなたが面接時に”やるべきこと”は何か

 

あなたが面接時にやることは、短い面接時間の中で、あなたを優れた人間であったと面接官の頭に印象として残すことです。

 

つまり、ここがゴールです。

 

このゴールを達成したものが選考に通過できます。

 

優れた人間であると思わせるためには、最低限何か1つの「この学生はすごいな」と面接官を思わせるエピソードが必要です。

 

そして、そのエピソードを面接官が聞いて、この学生はすごくよかったなという印象を強く抱いてもらう必要があります。

 

この強く抱くというのがポイントです。

 

強く抱いてもらうのではなく、なんとなく抱いてもらうのでは、せっかくのハロー効果も半減してしまいます。

 

面接官に強烈な印象を残すためにハロー効果が有効になる、エピソードの種類は2パターン

 

面接官の頭に、「あの学生は優秀だったな~」という印象を叩き込むことができるエピソードには2パターンあります。

 

【強者の戦略】「わかりやすいエピソード」を特にひねりもなく淡々と話す

 

1つは、とんでもなくわかりやすい資格や、わかりやすい経験そのもののエピソードを話すという方法です。

 

この方法は、いうなれば王道です。

 

強者の戦略とも言えます。

 

だからこそ、これは誰でもできるものではありません。

 

例えば、、

 

  • 私はトイック900点で、英語も話せます。
  • 私は海外の大学に交換留学を一年間して、現地の大学で数十単位取得しました。
  • 私は、起業経験があります。月30万の売り上げ1年間維持しました。

 

と、こういったエピソードです。

 

ね、ズルいですよね。まさに強者だからこそ成せるワザです。

 

王道だから、それ以外のエピソードを話した方がいいかな?なんて思わなくてもいいです。

 

誰もがやっていない経験や、資格を取得しているようなエピソードは、素直にそれを語ればいいです。

 

面接官も、あなたが1を話せば、10の質問をしてくるはずです。

 

そして、素直にその質問に答えましょう。

 

そして、あなたは淡々とその質問に「いや、別に余裕でこれくらいのことは大学生なんだからやってますけど?」というテンションで臨めば問題ありません。

 

淡々と、おしとやかに、物凄いエピソードを語ってやりましょう。

 

この「物凄いエピソード」によって、面接官の頭には、いやでもその学生の印象が擦り付けられ、選考通過はたいいて叶うでしょう。※最終面接はまた別です。

 

これが1つ目のパターン。

 

とはいっても、僕の場合、こういった物凄いエピソードといえるような、わかりやすい特徴はありませんでした。

 

なので、できるひとだけ、存分にやりましょう。

 

で、もう1つ面接官にあなたのことを優秀であると印象付けるための方法があるので、僕が実際に面接でも意識的にやっていた、そちらを説明していきます。

 

【弱者の戦略】面接官から必ず質問されるようなフックをかけた回答を作り込んで「大したことないエピソード」を軸に深く鋭く話す

 

これは言うなれば、弱者の戦略です。

 

こちらの方法で重要なのは、エピソードそれ自体の内容ではなくて、エピソードの出し方です。

 

で、ハロー効果が効果的に発揮される方法をおさらしておくと、ハロー効果はというのは、、

 

”何か1つ目立ちやすい特徴をあげると、それに人は引きずられて、その人についての評価をする際に他の点の評価はぼやけてしまって、その人は優秀であるというレッテルを貼ってしまう”

 

という効果でした。

 

これを簡単に発動させるための方法が、まさに一つ目の方法である【強者の戦略】だったわけです。

 

で、弱者の戦略をしなければいけない人がどんな人かというと、わかりやすい特徴ともいえる自分自身を語れる物凄いエピソードがない人にあたります。

 

例えば、アルバイト経験や、学生団体にいた経験、サークルを頑張っていた経験、ゼミの研究を頑張っていた経験などといった目立った経験をしてこなかった人です。

  

で、具体的にこの人たちがどうすればいいのかというと、まず意識すべきことは「大したことないエピソードであっても、その一つについて、徹底的に深く話すことです。

 

ここで深く話すというのは、アルバイトでは、何を覚えて、どんな楽しいことがあって、どんなしんどいことがあって、などというその時間軸だけの説明ではありませ。

 

それに合わせて、そのアルバイトが自分の大学生活においてのどんな意味があって、その後の人生を歩んでいくにあたってどういった影響をもたらしたのか?、どうしてそのアルバイトに取り組み、何を学ぼうと思ったのか?、学んだことから、次にどう行動していこうと考えたのか?、アルバイト前とアルバイト後では、どのように自分は人間的に成長したのか?‥

 

と、こういったより広い時間軸でみた内容を語ることが出来ることが重要なのです。

 

もし何も考えず、ただただお金を稼ぐという作業をしていたとして、”無”の状態でアルバイトを何年もしていたというのは、まずありえないことです。

 

お金を稼ぐためだけだとはいえ、その背景には、何か考えがあったはずです。思い出しましょう。

 

その稼いだお金をもってして、そこからどう行動し、何を成し遂げようと考えていたのか絶対に理由があるはずです。

 

もしそれがただの遊びに使うことが目的であったとしてもいいです。

 

その遊びの中にあなたは何を求め、いかにその後の人生を豊かにしていこうと思って、遊ぶという目標のためにアルバイトをこなしてきたのか、そこを深く、過去とその時と未来の視点から話せるはずです。

 

というように、平凡なエピソードであってもそれを徹底的に深く話すことを通じて、そこからあなたの価値観を面接官に伝えていくことが狙いになるのです。

 

で、ですよ。

 

これを面接中にやれといっても、そう簡単にできるわけじゃありません。

 

深く話すための話の内容を考えることはやればいいだけなので、やってください。

 

そのうえで、どのようにそういった平凡エピソードをこっちが、とことん話せる状況にもっていくのかが難しいわけです。

 

面接官が特に何もいってないのに、勝手に自分の価値観を、過去の経験を通じてズラァァァァといきなりペラペラ話し出しても気持ち悪いだけです。

 

繰り返しますが、平凡エピソードを通じて、あなたの価値観を語るところまで話させてらうのは、難しいです。

 

特にどういうところが難しいかというと、あなたが平凡エピソードを面接中に持ちこんでしまうと、面接官もそのエピソードには過去の経験上、どうせ大したことないだろということで、次から次へと全然違う話を振ってきてしまうというところに難しさがあるのです。

 

そうなると、もしここであなたが面接官の言われるがままに、全然違う平凡エピソードをポコポコ何個も話しても、それを聞いてる面接官は、(あーはいはいこの子は結局たいした経験はしてないいのね、はいさいようなら。)となるわけです。

 

「わかりやすい物凄いエピソード」を話せるのであれば、その人の価値観はもちろん、思考の過程についまでも、面接官が勝手にグイグイ掘り下げてくれます。

 

なぜなら、そのエピソード自体がレアだからもっと聞きたいと、面接官としても素で思うからです。

 

でも、そうではない平凡エピソードを話し出したところで面接官はその話を意気揚々とは掘り下げてはくれません。

 

価値観も、思考の過程にも、下手すれば一切触れてくれないでしょう。

 

だから、どんどんあなたは広く浅いエピソードを話さざるをえない状況へと追い込まれていくのです。

 

そこで、あなたがやるべきはこれを阻止することです。

 

あなたの平凡エピソードが、一見平凡に見えるけれども、実は私はこんなにも多くのことを考え、学び、将来を見据え、行動してきたんだという深く、かつ鋭い視点を持った話にすることができればい いわけです。

 

それができれば、面接官としても、いい意味で期待が裏切られることになります。

 

この学生は、他の学生と同じ経験を通じて、こんなにも多くのことを考えていたのか、こんなにも多くの学びを生み出せるのか、となります。

 

なるというよりも、しなくちゃならないんです。

 

でなければ、コンサル志望の就活生が鉄板ネタにしている「わかりやすい物凄いエピソード」にはまず負けてしまいます。

 

そんなやつらに張り合うためにも、小さな経験から、多くの学びを得られたというエピソードは強みになるのです。

 

大きな経験でなくとも、日常生活にあるありふれたことから、物事を深く考えられる能力は、すぐに成長できるという証拠にもなります。

 

成長する学生は、新卒にとってまさに求められている素質です。

 

という風に、これが平凡エピソードを語ることによって、面接官にあなたの印象を頭に叩き込むための大枠の戦略になります。

 

どうやって面接官から平凡エピソードのことで興味を持ってもらえるようにするのか?

 

先ほども少し言いましたが、面接官は、基本的には平凡エピソードなどには興味をもってくれません。

 

これは何十回という学生の相手をしている1人の人間のことを思うと、仕方ありません。

 

そりゃ同じようなことを何度も聞かされたら飽きます。

 

なので、もしあなたが平凡エピソードに何のフックもかけずに話してしまうと、面接官は「あっそうですか。じゃあ、次は‥」と、全然関係のない質問をポンポン振ってきます。

 

なぜならあなたの回答に対して、これ以上は何も出てこないと判断されているからです。

 

これを繰り返せば、あなたはただのつまらないことしか出ない人というレッテルを貼られるだけです。

 

そして、普通に落ちます。

 

ではここで、つまらないことしか出てこないレッテルを貼られないためにどうすればいいのかというと、面接官からの質問に対して、あなたが答える回答の中に、必ず面接官がどうしても突っ込みたくなるようなフックをかけておくことが重要になるのです。

 

つまり、面接官からの「え、それってどういうこと?」という食いつくエサを、あなたの回答に意図的に仕掛けるということです。

 

「え、それってどういうこと?」が毎度のように、違う面接官からも帰ってくるようになれば、あなたの回答にはフックが上手く掛かっていることを意味します。

 

それができたら、あとは面接官が食いついた質問に対して、あなたは「実はですね‥」という形で、最初に答えた平凡エピソードから、面接官の期待を盛大に裏切る形で、ブワッと風呂敷を広げるわけです。

 

風呂敷を広げるというのは、その平凡エピソード1つが、自分の大学生活、さらには人生において、どういう意味付けでどういう思考の過程にあるものだったのかといった、より時間軸を広げた視点をもって話し、そこからあなたの価値観を伝えていくという具合です。

 

この風呂敷を広げさせてもらえる段階に持ち込めれば、もうこっちのものです。

 

面接官は、あなたが平凡エピソードから盛大に広げた持論についての、気になるところをどんどん聞いてきます。

 

それに対して、あなたはあらかじめ準備してきた強力な話のネタを、どんどん面接官にぶつければいいのです。

 

このキャッチボールが数回出来れば、その時点であなたは普通の就活生とは既に違うことが面接官は気づいています。

 

あなたの平凡なエピソード1つから、こんなにもこの学生は考えていたのか‥と、面接官は感心します。

 

ここであなたは、面接官からの評価として、平凡なエピソードからより深く鋭く思考の過程を巡らすことが出来る学生として判断され、あなたを次の選考にも通そうと決断してもらえるわけです。

 

まとめ

 

平凡エピソードを徹底的に語るためには、フックをかけておくことが必要になってくるとはいいましたが、このフックをかけておくのが難しいところです。

 

で、こればっかしは、実際に面接の場数を踏んでみて、そこで何人もの面接官から同じような質問をされて、それに対する答えを徹底的に作りこんで、その答えに対して、面接官が次に聞いてくる質問が、別の面接官に聞かれてもたいてい同じになるような回答が出来るまでトライアンドエラーを繰り返してください、としか言いようがありません。

 

このフックの掛かった回答の完成は、本命企業の選考までには間に合わせましょう。

 

あなたが話す平凡エピソードについての深いところまでを、聞かれるべくして聞かれて、その回答によって優秀な学生だと思ってもらえるべくして、話す。この流れを完成させることができれば、もうあなたは意図的に自分が優秀な学生であると思ってもらえる技を身につけたも同然です。

 

僕もこのやり方で、面接経験を何度も何度も何度も、重ねることによって、この流れを作れるようになりましたから、あなたにも必ず出来るようになります。

 

僕が就活終盤の面接のときには、「あー、なるほどね。そういうことか。それは面白いね。」という面接官のセリフが、どこかのタイミングで必ず出るようになっていました。

 

これはつまり、”面接官が質問して→僕が回答して→面接官がその回答に深く踏み込んできて→それについて僕が深く鋭く回答して→面接官が納得する。優秀な学生だなぁと感心する”

 

という流れに意図的に持っていけるようになっていたからです。

 

なので、就活上級者が面接で考えていることは恐らく、与えられた面接時間の中で、どのタイミングで自分の鉄板のテンプレともいえる、、

 

”面接官が質問して→僕が回答して→面接官がその回答に深く踏み込んできて→それについて僕が深く鋭く回答して→面接官が納得する。優秀な学生だなぁと感心する”

 

↑これを自然な形で、ねじ込むかということを、最低限のやるべきこととして、意識的にやっているはずです。

 

言ってしまえば、必殺技を出せるタイミングを、面接というバトル中に、時に苦戦しながら、ここぞというところで出す、というようなそんな感じです。

 

ちょっと何言ってるわからないと思う人もいる思いますが、とにかく面接の数を積み重ねていけばわかります。

 

面接が苦手とか、苦手じゃないとか関係ないです。

 

とにかく場数を踏んで、自分だけの勝ちルール持ち込め技を手に入れてください。

 

そうなれば、もうそこからは相当強いです。

 

そのためにも、やはり場数です。

 

方法としては、本選考のルートからwebテストやESを書くルートで実践経験を積むのもいいですが、楽に練習するにはスカウト型就活サイトを活用して場数を踏む方法が何より時間短縮にもなっておすすめです。

 

そして、選考の場数を踏むうえでは、今回お伝えした「ハロー効果を意識した、面接官に”あの子は優秀な学生であったなぁ”という印象を抱いてもらう技術」を知識として持っておいてもらえれば、面接官からも確実に高評価をもらえる技術が身につくのです。それでは、また。

 

参考文献:「面接官の心を操れ!無敵の就活心理戦略」

 

 【初めての方へ。】

コンサルは向いているか、向いていないか、が大きいです。でも、そんなことやってみなければわかりません。今まさにこの瞬間から、「考えて行動する」ことを始めれば何事も遅くはありません。「意識と行動」が変わればどんどん成長していきます。20代の現瞬を大切にしてゆけば、必ず結果はついてくるのです。このブログに巡り巡って出会えた”今”から頑張ってください。高学歴相手にも負けない、コンサルティングファーム内定までの、僕がたどった1本の成功法則をここに残します。

・「”PDCAサイクルを回せることを証明する”というゴールの確認→テクニック習得→実践経験」これがコンサルティングファームからの新卒内定獲得の必勝法です。

 

アクセンチュアにエントリーする前に知っておくべきこと 

f:id:ec0484ki:20180110174237j:plain

 

中途半端にアクセンチュアにエントリーしてしまっている人は、それぞれの職種の違いを全然わかっていない状況でエントリーしがちです。そういう人に限って、早々に選考落ちします。自分がどの職種を受けるべきか、早いうちから確認しておいてください。


・アクセンチュアの「ビジネスコンサルタント職」

・アクセンチュアの「デジタルコンサルタント職」

・アクセンチュアの「ソリューション・エンジニア職」

・アクセンチュアの「新卒採用プロセス、仕事内容」

・アクセンチュアで働く「メリット・デメリット」

 

アクセンチュアの内定が欲しいなら最低限知っておくべきこと 

f:id:ec0484ki:20180110174134j:plain

 

アクセンチュアの国内通常選考の選考ステップと各フローの対策についての最低限確認しておくべき情報をお伝えします。これらの情報に目を通しておけばアクセンチュアのビジネスコンサルタントの選考にもかなり楽に進むことができますし、内定獲得までの選考の流れが一気につかめます。


・アクセンチュアの「ES対策」

・アクセンチュアの「WEB適性検査対策」

・アクセンチュアの「GD対策」

・アクセンチュアの「ケース面接対策」

・アクセンチュアの「最終面接対策」

etc... >>


面接本番で最高のパフォーマンスを発揮するための「面接心理戦略」

f:id:ec0484ki:20171229131744p:plain

 

コンサルの面接で見られているポイントは、言ってしまえば1つしかありません。このポイントをいかに見せつけるのかに全身全霊を注ぐことが、あなたが面接でやるべきことです。そのためには、面接官から「好印象をもってもらうこと」が何よりも重要になってきます。


・コンサルの面接で見られている「たった1つのポイント」

 


コンサル志望者のための「ケース面接の極意」

f:id:ec0484ki:20171229131815p:plain

 

ケースス面接が得意な就活生というのは、普段から論理的な思考ができている学生です。しかし、論理的思考力が出来る素質があっても、その素質を頭から引き出す作業(書籍を読む、ケーススタディの講座を受講するなど)が充分に就活中に出来ていなければ、せっかくの才能も宝の持ち分されとなります。そうならないためにも、ケースススタディ攻略のためには、何が出来ればいいのか?をまずは把握しておいてください。


・ケーススタディ攻略に必要な「7つのスキル」を徹底解説!

 


コンサル志望者のための就活理論


コンサル志望者のための「自己分析のヒント」

f:id:ec0484ki:20180110173556j:plain

 

コンサルタントには向き不向きがあります。そのヒントとなる向いている人に共通する特徴を一応知っておいてください。


・コンサルタントに向いている人の5つの特徴 

 

「コンサル業界」を理解する

f:id:ec0484ki:20180110173656j:plain

 

コンサル志望者は他の就活生とは異質です。就活生の二極化は進んでおり、今や9割の学生は超安定志向であり、大手企業に入れればそれでいいという人です。その残りの1割の中でも、さらに数少ない、自身のキャリアビジョンを転職前提に考える人、それがコンサル志望者です。そんな特殊な業界のビジネスモデルを知ってください。


・新卒がコンサルティングファームに入るために知っておくべき11の知識

 

主要コンサルティングファームの「採用プロセス」を理解する

f:id:ec0484ki:20180110173735j:plain

 

本命コンサルティングファームからの内定獲得を目指すにあたって、どこを実験台企業にして、どこを本気で狙って、どこを確実に仕留めに行くのかという計画を立てる上で例年の採用プロセスあなたの年度のエントリー締め切り日程につて、企業HPのURLを載せているのでそちらで確認しておいてください。


・主要コンサル32社の採用プロセス。エントリー締め切り日から逆算して、本命企業に向けての計画を立ててください。

 

コンサル志望者のための「ES(エントリーシート)対策」

f:id:ec0484ki:20180110173815j:plain

 

ES(エントリーシート)執筆にはあれこれやり方がありますが、以下記事にある方法が最も効率よく、最も賢く、選考に通過できるESを作り上げるためのやり方です。一枚のES執筆に何日も時間をかけている暇はありません。このような手順でESを書いていけば、もうES執筆に時間を取られる心配は今後一切いりません。


・アクセンチュアのESの書き方を例に、最も効率よく各コンサルティングファームのES執筆を仕上げる方法について解説

 

コンサル志望者のための「WEBテスト対策」

f:id:ec0484ki:20180110174711j:plain

 

コンサル志望者が就活で最も気を付けておいてもらいたいのが「WEBテストの対策が間に合わなくなってしまう事態」です。十分な対策が間に合うか、間に合わなかったか、ここで大勢のコンサル志望者が毎年脱落しています。なので、あなたもその脱落者の1人にならないようにWEBテストの学習指針については、しっかりと自己管理しながら進めていってください。


・WEBテストの対策の進め方がよくわかっていない人は、こちらを参考に。

 

コンサル志望者のための「OB訪問完全マニュアル」

ンサル志望であるないにかかわらず、OB訪問を甘く考えている就活生は多すぎです。言っておきますけど、アクセンチュア内定者は、僕が話を聞けた10人ほどの学生は全員OB訪問を1回以上していました。中には、今でもラインで繋がっていて、入社前の希望職種アンケートがあるのですが、それについての相談をガッツリやってもらっている強者もいるくらいです。OB訪問をしておくことは、アクセンチュア入社のキャリアビジョンを考える上での有利になるのです。やらない理由など一切ありません。


・中途半端な学歴の大学生が超高学歴に負けないためには最低1回以上のOB訪問をしていることはもはや当たり前。

 


コンサル志望者に本当におすすめできる就活・教則本

ンサル系のインターンシップに参加している人なら、そこで就活生と情報交換する機会も多いと思うので分かると思いますが、彼らの持っている知識はもはやその辺の学生の持っている知識レベルをはるかに超えています。僕もこの事実を知った日から、死に物狂いで、コンサル関連の書籍を、多い時には3日1冊ペースで読み漁りました。

 

でもそれくらいしているのが普通だったわけです。本を読まないコンサル志望者は、コンサル志望者などと語らないことです。最低でも5冊程度は覚えるくらいに読み込んでおきましょう。10冊と言いたいところですが、コンサル関連の書籍は難しくて何かいているのかわからないって本も結構あるので、その点も考慮しての5冊です。以下ではおすすめ本10冊を紹介してます。


・コンサル志望者のための(論理的思考力が鍛えられる)おすすめ就活本総まとめ

 

コンサル業界から需要はものすごいはずなのに、なぜか入れない高学歴の学生が知っておくべきこと

は高学歴ではなかったので、高学歴が羨ましいです。もし僕のエントリーシートに記入できる学歴の欄が、早慶上智および東大京大であれば、恐らくとんでもない確率でES通過していけたのでしょう。それでも、僕は知っています。そんな高学歴であるにも関わらず、就活に失敗してしまうとんでもなく残念な人を。そんな人にアドバイスです。


・高学歴なのに就活で上手くいかないことになってしまう予備軍の人が、就活を始める前に確認しておくべきことまとめ

 


就活初心者がアクセンチュアから内定獲得するための超効率的な対策法

 

当ブログも記事数が増えてきたので、どこから手を付けて良いか分からないという人のために、就活初心者が効率的に対策するための記事だけをまとめておきます。

 

僕のアクセンチュア内定獲得事例に頼らないで外から何とか学びたいのならこの順番で進めて行ってはどうでしょうか?


① 論理的思考力を鍛える本を読む(コンサルタントを目指す者としての土台を築く)

 

② 実際に内定しているアクセンチュアのESのお手本を見て構成やエピソードを決める

 

関連:アクセンチュア内定者とはどんな学生であるのか?を多角的に把握する

 

③ やる気になったら、OB訪問を通じてアクセンチュア社員から”生”の情報収集をする

 

④ 自分の現状のスキルを正確に把握して、問題集で具体的な選考対策をする

 

→ WEBテストの問題集は、7割以上を安定して採れるようになるまで解く

 

→ ケーススタディの問題集はまずは一冊を覚えるくらいに繰り返し解く

 

・・・の前に自分に本当にあっている問題集がどれかを見極める。

 

⑤ レベルに応じて面接にたどり着ける企業からエントリーを開始して実践経験を積む

 

⑥ テストセンターの試験とGD(グループディスカッション)は選考に進みながら検証して実力を蓄えていく

 

⑦ 自分の実力不足を感じたら講座や就活コンサルなどで解決する

 

新着記事