アクセンチュア新卒内定を本気で考える

高学歴相手に太刀打ちするためにはそれなりの知識と準備が必要です。就活をやってきた中で経験したことを書いていきます。

OB/OG訪問を内定獲得に直結させたいなら ”最低限”知っておくべきこと

f:id:ec0484ki:20180101141714p:plain

 

OB/OG訪問をただ漠然とやってはいけません。

 

そこでの場所に向けて何を準備し、何を聞き、どう活用するかによって、その後の選考にも大きく影響してきます。

 

OB訪問で重要なことは、”量”より”質”です。

 

何十回とOB訪問を重ねることでしか得られないものもありますが、たった一回のOB訪問であっても徹底した準備次第で、その価値を何倍にも膨らますことができます。

 

とにかく質を極めましょう。

 

というわけで、今回は、あなたがこれから行う全てのOB/OG訪問を、内定獲得に直結させるためにも”最低限”知っておくべき情報をお伝えします。

 

 

そもそもOB/OG訪問とは何なのか?

 

OB/OG訪問とは、内定獲得というゴールにたどり着くための手段です。

 

決してこの行為は、就活においての気晴らしなどではありません。

 

一%でもあなたがその企業に入社できる可能性を引き上げるために行うのです。

 

それ以外の何物でもありません。

 

まずはこの点を勘違いされないように。

 

OB/OG訪問をすることであなたが得られる「5つのメリット」

 

OB/OG訪問を実行することによって得られる、あなたがまだ気づいていない本当のメリットはたくさんあります。

 

せっかくOB訪問をしても、それらメリットを得ることを意識しないままOB訪問をやっていては、時間の無駄ともいえるOB訪問をしているのと同じです。

 

就活中の限られた時間を、無駄にしている学生は見苦しいだけです。

 

これらのメリットをこれを機に覚えて、これからのOB/OG訪問に対する姿勢を改めていてもらえればと思います。

 

メリット①「ネットでどれだけ調べても出てこない、企業のブラックな情報が手に入る。→強力な志望動機の素材に応用できる」

 

まずその企業でのブラックな実態を把握しようとしても、企業ホームページをみても一生見つかりません。

 

一生無理です。

 

企業の公式サイトに掲載されている仕事内容は、本当の仕事内容を美化して美化して美化してキラッキラに光り輝いているような内容です。

 

そこに掲載されている内容を、中で働いている現役の社員さんが改めてみれば、あまりの現実の業務とのギャップに反吐がでるでしょう。

 

ですから、形式上の仕事内容を理解しておくことも、もちろん重要ですが、その実態を把握するためには、現場のOBに聞く方法が一番手っ取り早く、そこでの真実が得られます。

 

現場の情報は現場の人間にしかわかりません。

 

企業の公式サイトにはとても書けないような、人間関係の話などは特にそうです。

 

このあたりの汚れた仕事事情、人間関係、不倫、業務システムの理不尽など、すべてはOBから聞き出してください。

 

そして、そこで仕入れた情報がどのように活きてくるのかといえば、就活中の面接時での志望動機や、キャリアパスについての質問に答えているときに、しれっとこういう裏事情もわかってますよ、というのを醸し出すのです。

 

それが出来るか出来ないかで、就職活動を本気でやっている者の発言か、そうでない者の発言かどうかは判断されてしまいます。

 

相手は大の大人です。

 

この「実際の現場環境、仕事の実態を理解している、その上で自分はこの会社に入社したいんです」という意思表示をできれば、それはもう志望動機としては、これほど立派なものはありません。

 

ここまでやりましょう。

 

志望動機の1つを語るうえでも、裏では戦略的に考えて、面接本番の表面上ではクールにという姿を見せつければ、間違いなく選考通過の確率はあがります。

 

メリット②「その部署にいる人間にしかわからない現場目線の事情(隠れた魅力)が手に入る。→強力な志望動機の素材に応用できる」

 

これについても1つ目の情報とほとんど同じですが、世には出回っていない汚い情報ではない、綺麗な部分です。

 

つまり、ネットを調べる限りの情報では見えてこない、その会社で働いているものであるからこそわかる、強み・隠れた魅力です。

 

隠れた魅力は、現在の魅力にしても、これから部署内でどのように業務改善が進められようにしているのかという、現場の人間しかまだ知らないような情報もそうです。

 

こういった”生々しい”情報(いい意味で)を、新卒の学生で知っていて、なおかつ、その部分を考慮した志望動機なりキャリアビジョンを語れる就活生は、かなり貴重です。

 

「そこを分かってて欲しかったんだよっ!」

 

と思わず、面接官から漏れ出してしまうような、濃い~内容を悠々と話せるようになっておきましょう。

 

それが、何よりの説得力のある志望動機となり、企業研究をしている証明となり、内定を出したい学生像へと近づくことになります。

 

メリット③「御社が第一志望です!と面接時に語る際の、最も強力かつ、確実な裏付け論として”OB訪問の経験”は使える」

 

今まで何度も話していますが、僕からしてみれば「OB訪問もせずして、何を”御社が第一志望です!”などと堂々と語っているのか‥」と不思議でしかたありません。

 

もはや滑稽です。

 

みていて恥ずかしい。

 

逆に、どれだけボヤッとしているように見える学生でも、実は裏ではOBにコツコツとアポをとってきているような学生であれば、やはり多くの企業からの内定を総なめにしています。

 

しかし、これは第一志望として本気で入社意思のある会社だとしている者としての、当たり前のこと。

 

もし「絶対にここに入社してやる!」と意気込んでいる学生がいて、その人が、もっとも肝心なはずのOB訪問をしていないというのは、普通に考えたらありえないことなのです。

 

最終面接での、内定をもらえる学生と内定がもらえない学生の決定的な違いの1つは、OB訪問の経験の有無であるとも言われています。

 

もちろん、OB訪問の有無の確認をされずに選考を突破していくこともできなくもないですが、僕だったらそんな危ない橋は絶対にわたりません。

 

”御社が第一志望です !”このセリフを嘘なく潔白を証明したうえで言いたければ、OB訪問は絶対条件です。

 

メリット④「社内でも立場が上の人間に会うことができれば、その後の選考を有利に進ましてもらえる可能性が格段に上がる」

 

業界によってここはその可能性度合いは変わりますが、確実にこれがいえる業界は広告業界です。

 

 大手広告代理店となると、もはやコネクションこそが内定の有無のほぼすべてを支配していると考えてもらって構いません。

 

それくらい特殊な世界です。

 

逆に僕はこれが嫌いだったので広告業界はそこまで志望しなかったのですが、そういう暗黙のルールがあるなら仕方ないです。

 

ルールに文句を言っても内定はもらえませんからね。

 

で、社内の上の立場の人間に会うことができても、もちろんその人から気に入られる存在になれなければ、裏での根回しもしてもらえませんから意味がありません。

 

あくまで、これはその人がOB訪問時に最高のパフォーマンスを発揮できることが前提です。

 

とはいえ、どうやって上の立場の人に会えるのか?というと、これには戦略があります。

 

それは、OB訪問を重ねていくことです。

 

わかりやすくと、OB訪問を一回目は誰でもいいから取り付けて、その人に次に、その人の「先輩社員にも話を聞きたいと思っているんです。」という旨を伝えるのです。

 

ここでポイントは、同僚じゃなくて先輩社員という点です。

 

なぜなら、より先輩にあたる社員に話を聞かなければ、上の立場の人からの話は聞けませんから。

 

これがもし成功すれば、そこから「先輩社員(さらに上の立場の人)に紹介できる人はいないか?」という旨を伝えるのです。

 

口実としてはなんでもいいですが、例えばこの会社に入ってからのキャリアビジョンについてもっと知りたいから、より社歴が長い人の話を聞きたい、とかでいいです。

 

そういったなんらかの理由をつけて、より上の上の立場の人間に会えるように仕向けていくのです。

 

これをOB訪問で徹底的にやっていけば、そのまま裏内定とまでは無理でしょうが、確実に根回ししてもらえるということはあり得ます。

 

つまり、その企業のお偉いさんのお気に入りになるのです。

 

これが広告業界などでは、常套手段です。ただし、ここまでいってあれですがコンサル業界ではちょっと厳しいと思います。コンサルにコネはほぼ関係ありません。なぜなら、コネで上がってきた本当のアホにこられても、恐ろしく居場所もなく、邪魔だからです。外資だと特にそうですね。

 

なので、あくまでこれはコンサル業界以外での内定獲得をより有利にする1つの戦法として覚えておいてください。

 

特に、電通・博報堂の新卒内定を狙っている凡人大学生は、この戦い方をせずして内定獲得に至のはほぼほぼ不可能です。というより、不可能です。

 

⇒参照:電通に入りたいならコネを作れ!早慶上智未満が電通・博報堂から内定をつかむための現実的な方法 

 

メリット⑤「入社後の社内政治を新卒のうちから、より有利に働かすことが出来る→自分の思い描いたキャリアパスをたどれる」

 

これについては内定獲得”後”の話になりますが、やはりOB訪問を重ね、内定を取れた際には、そこから自身の新卒のキャリアビジョンをより有利に運んでいくためにも、大変意義のあるものになります。

 

具体的に、意義のあるものというのは、「その会社のどの部署が一番理不尽が過ぎるところなのか」、「どこの部署は上司が無能すぎるから成長できないとか」、「そもそもどこの部署に入ると手掛けている仕事のマーケットが死んでるからどれだけ頑張っても評価されにくい」など会社にいる人間にしかわからない生の情報を元に直接指導してもらえるということです。

 

例えば、コンサル業界の船井総研であれば、新卒で入社してからわずか一年ちょっとでもう自分が一生腰をすえることになる業界とその部署が決めなければならないわけです。

 

もしそこで、マーケットが死んでる業界に入ってしまえば、どれだけそこにいる社員の人柄がよくても、あなたは後になって「新卒の時にもっと知識があれば‥」と、生涯後悔することになります。

 

また、アクセンチュアの場合でも、金融業界・通信業界・物流業界‥などなど、新卒で入社する時点で、自分の意思表示に基づいて自身の働く環境を決めなければならないわけです。

 

つまり、このスタート時点でしくじれば、その先で何年間も理不尽な苦しみや、わけのわからない上司のもとでの人間関係‥ストレス‥不倫問題にさらされ続けなければなりません。

 

もちろん、新卒のみんながみんな、右肩上がりの業界に希望通りに入ることは不可能です。

 

誰かが得をする環境に浸っていれば、誰かがその真逆ともいえる環境に染まることになるわけです。

 

そういった過酷な環境にわざわざ自分から飛び込んでいくような馬鹿な真似をしないためにも、新卒で入社した段階で、慎重にその後のキャリアビジョンを決める手助けをしてくれる存在となる、OBOGを味方につけることが出来ればこれほど心強いことはありません。

 

入社してからは、同期は仲間とは言えども、ライバルです。

 

誰がか必ず、地獄を見ます。

 

その地獄に足を踏み入れないようにするためにも、周りにOBOGの伝手をもってして、内定を獲得しておくことは、後々のことを考えても極めて重要な工程なのです。

 

入社するためにもOB/OG訪問の経験はメリットばかりであり、なおかつ入社してからの社内政治を上手く立ち回るためにもOBの存在は本当に貴重であり、もはやOB訪問をしていない理由なんてどこにも見つかりません。むしろしていないと、入社してからが本当に大変なのです。

 

まとめ

 

OB/OG訪問をすることの重要性に気付いている人は、とんでもない数の社員にアポをとって、接触しているはずです。

 

ただそんな人にも、ここでお伝えしている一回一回のOB訪問を最大限に意義あるものにする方法を知って、よりその”質”を高めもらえればと思います。

 

そうすれば、さらにあなたの内定獲得の確率はさらに上昇します。

 

まだOB訪問なんてやったことが無いという人でも、時間が限られている就活生であって、何十回ものOB訪問を繰り返すことは必ずしも必要ではありません。

 

大事なのは、その一回一回のOB訪問を実行するにあたっての、心得や目的を明確にしたうえで取り組むことです。

 

それが出来れば、たった数日という短期間であっても、内定獲得の確率を効率よく引き上げることができます。

 

ここにある内容を理解して、危機感を持っている今のうちに行動するのがチャンスです。

 

インターンシップ、リクルーター面談は早期に動き出していた就活生の特権ですが、OB訪問だけはその気になれば、今この瞬間から、アポを取り付ければ、明日以降すぐにでも、その機会を自ら手に入れることが可能です。

 

そうとわかれば、今すぐOB訪問の準備に取り掛かりましょう。

 

どのようにOB訪問に取り組んでいたのかについての情報はこちらを参考にどうぞ。

 

それでは、また。

 

 【初めての方へ。】

コンサルは向いているか、向いていないか、が大きいです。でも、そんなことやってみなければわかりません。今まさにこの瞬間から、「考えて行動する」ことを始めれば何事も遅くはありません。「意識と行動」が変わればどんどん成長していきます。20代の現瞬を大切にしてゆけば、必ず結果はついてくるのです。このブログに巡り巡って出会えた”今”から頑張ってください。高学歴相手にも負けない、コンサルティングファーム内定までの、僕がたどった1本の成功法則をここに残します。

・「”PDCAサイクルを回せることを証明する”というゴールの確認→テクニック習得→実践経験」これがコンサルティングファームからの新卒内定獲得の必勝法です。

 

アクセンチュアにエントリーする前に知っておくべきこと 

f:id:ec0484ki:20180110174237j:plain

 

中途半端にアクセンチュアにエントリーしてしまっている人は、それぞれの職種の違いを全然わかっていない状況でエントリーしがちです。そういう人に限って、早々に選考落ちします。自分がどの職種を受けるべきか、早いうちから確認しておいてください。


・アクセンチュアの「ビジネスコンサルタント職」

・アクセンチュアの「デジタルコンサルタント職」

・アクセンチュアの「ソリューション・エンジニア職」

・アクセンチュアの「新卒採用プロセス、仕事内容」

・アクセンチュアで働く「メリット・デメリット」

 

アクセンチュアの内定が欲しいなら最低限知っておくべきこと 

f:id:ec0484ki:20180110174134j:plain

 

アクセンチュアの国内通常選考の選考ステップと各フローの対策についての最低限確認しておくべき情報をお伝えします。これらの情報に目を通しておけばアクセンチュアのビジネスコンサルタントの選考にもかなり楽に進むことができますし、内定獲得までの選考の流れが一気につかめます。


・アクセンチュアの「ES対策」

・アクセンチュアの「WEB適性検査対策」

・アクセンチュアの「GD対策」

・アクセンチュアの「ケース面接対策」

・アクセンチュアの「最終面接対策」

etc... >>


面接本番で最高のパフォーマンスを発揮するための「面接心理戦略」

f:id:ec0484ki:20171229131744p:plain

 

コンサルの面接で見られているポイントは、言ってしまえば1つしかありません。このポイントをいかに見せつけるのかに全身全霊を注ぐことが、あなたが面接でやるべきことです。そのためには、面接官から「好印象をもってもらうこと」が何よりも重要になってきます。


・コンサルの面接で見られている「たった1つのポイント」

 


コンサル志望者のための「ケース面接の極意」

f:id:ec0484ki:20171229131815p:plain

 

ケースス面接が得意な就活生というのは、普段から論理的な思考ができている学生です。しかし、論理的思考力が出来る素質があっても、その素質を頭から引き出す作業(書籍を読む、ケーススタディの講座を受講するなど)が充分に就活中に出来ていなければ、せっかくの才能も宝の持ち分されとなります。そうならないためにも、ケースススタディ攻略のためには、何が出来ればいいのか?をまずは把握しておいてください。


・ケーススタディ攻略に必要な「7つのスキル」を徹底解説!

 


コンサル志望者のための就活理論


コンサル志望者のための「自己分析のヒント」

f:id:ec0484ki:20180110173556j:plain

 

コンサルタントには向き不向きがあります。そのヒントとなる向いている人に共通する特徴を一応知っておいてください。


・コンサルタントに向いている人の5つの特徴 

 

「コンサル業界」を理解する

f:id:ec0484ki:20180110173656j:plain

 

コンサル志望者は他の就活生とは異質です。就活生の二極化は進んでおり、今や9割の学生は超安定志向であり、大手企業に入れればそれでいいという人です。その残りの1割の中でも、さらに数少ない、自身のキャリアビジョンを転職前提に考える人、それがコンサル志望者です。そんな特殊な業界のビジネスモデルを知ってください。


・新卒がコンサルティングファームに入るために知っておくべき11の知識

 

主要コンサルティングファームの「採用プロセス」を理解する

f:id:ec0484ki:20180110173735j:plain

 

本命コンサルティングファームからの内定獲得を目指すにあたって、どこを実験台企業にして、どこを本気で狙って、どこを確実に仕留めに行くのかという計画を立てる上で例年の採用プロセスあなたの年度のエントリー締め切り日程につて、企業HPのURLを載せているのでそちらで確認しておいてください。


・主要コンサル32社の採用プロセス。エントリー締め切り日から逆算して、本命企業に向けての計画を立ててください。

 

コンサル志望者のための「ES(エントリーシート)対策」

f:id:ec0484ki:20180110173815j:plain

 

ES(エントリーシート)執筆にはあれこれやり方がありますが、以下記事にある方法が最も効率よく、最も賢く、選考に通過できるESを作り上げるためのやり方です。一枚のES執筆に何日も時間をかけている暇はありません。このような手順でESを書いていけば、もうES執筆に時間を取られる心配は今後一切いりません。


・アクセンチュアのESの書き方を例に、最も効率よく各コンサルティングファームのES執筆を仕上げる方法について解説

 

コンサル志望者のための「WEBテスト対策」

f:id:ec0484ki:20180110174711j:plain

 

コンサル志望者が就活で最も気を付けておいてもらいたいのが「WEBテストの対策が間に合わなくなってしまう事態」です。十分な対策が間に合うか、間に合わなかったか、ここで大勢のコンサル志望者が毎年脱落しています。なので、あなたもその脱落者の1人にならないようにWEBテストの学習指針については、しっかりと自己管理しながら進めていってください。


・WEBテストの対策の進め方がよくわかっていない人は、こちらを参考に。

 

コンサル志望者のための「OB訪問完全マニュアル」

ンサル志望であるないにかかわらず、OB訪問を甘く考えている就活生は多すぎです。言っておきますけど、アクセンチュア内定者は、僕が話を聞けた10人ほどの学生は全員OB訪問を1回以上していました。中には、今でもラインで繋がっていて、入社前の希望職種アンケートがあるのですが、それについての相談をガッツリやってもらっている強者もいるくらいです。OB訪問をしておくことは、アクセンチュア入社のキャリアビジョンを考える上での有利になるのです。やらない理由など一切ありません。


・中途半端な学歴の大学生が超高学歴に負けないためには最低1回以上のOB訪問をしていることはもはや当たり前。

 


コンサル志望者に本当におすすめできる就活・教則本

ンサル系のインターンシップに参加している人なら、そこで就活生と情報交換する機会も多いと思うので分かると思いますが、彼らの持っている知識はもはやその辺の学生の持っている知識レベルをはるかに超えています。僕もこの事実を知った日から、死に物狂いで、コンサル関連の書籍を、多い時には3日1冊ペースで読み漁りました。

 

でもそれくらいしているのが普通だったわけです。本を読まないコンサル志望者は、コンサル志望者などと語らないことです。最低でも5冊程度は覚えるくらいに読み込んでおきましょう。10冊と言いたいところですが、コンサル関連の書籍は難しくて何かいているのかわからないって本も結構あるので、その点も考慮しての5冊です。以下ではおすすめ本10冊を紹介してます。


・コンサル志望者のための(論理的思考力が鍛えられる)おすすめ就活本総まとめ

 

コンサル業界から需要はものすごいはずなのに、なぜか入れない高学歴の学生が知っておくべきこと

は高学歴ではなかったので、高学歴が羨ましいです。もし僕のエントリーシートに記入できる学歴の欄が、早慶上智および東大京大であれば、恐らくとんでもない確率でES通過していけたのでしょう。それでも、僕は知っています。そんな高学歴であるにも関わらず、就活に失敗してしまうとんでもなく残念な人を。そんな人にアドバイスです。


・高学歴なのに就活で上手くいかないことになってしまう予備軍の人が、就活を始める前に確認しておくべきことまとめ

 


就活初心者がアクセンチュアから内定獲得するための超効率的な対策法

 

当ブログも記事数が増えてきたので、どこから手を付けて良いか分からないという人のために、就活初心者が効率的に対策するための記事だけをまとめておきます。

 

僕のアクセンチュア内定獲得事例に頼らないで外から何とか学びたいのならこの順番で進めて行ってはどうでしょうか?


① 論理的思考力を鍛える本を読む(コンサルタントを目指す者としての土台を築く)

 

② 実際に内定しているアクセンチュアのESのお手本を見て構成やエピソードを決める

 

関連:アクセンチュア内定者とはどんな学生であるのか?を多角的に把握する

 

③ やる気になったら、OB訪問を通じてアクセンチュア社員から”生”の情報収集をする

 

④ 自分の現状のスキルを正確に把握して、問題集で具体的な選考対策をする

 

→ WEBテストの問題集は、7割以上を安定して採れるようになるまで解く

 

→ ケーススタディの問題集はまずは一冊を覚えるくらいに繰り返し解く

 

・・・の前に自分に本当にあっている問題集がどれかを見極める。

 

⑤ レベルに応じて面接にたどり着ける企業からエントリーを開始して実践経験を積む

 

⑥ テストセンターの試験とGD(グループディスカッション)は選考に進みながら検証して実力を蓄えていく

 

⑦ 自分の実力不足を感じたら講座や就活コンサルなどで解決する

 

新着記事