アクセンチュア新卒内定を本気で考える

高学歴相手に太刀打ちするためにはそれなりの知識と準備が必要です。就活をやってきた中で経験したことを書いていきます。

コンサルの面接では結局のところ何が評価されるのか?

f:id:ec0484ki:20171224210302p:plain

 

コンサルティングファームに求められる能力というのは極論を言えば、たった1つしかありません。

 

この1つの能力があるかどうかを、コンサルの面接では根ほり葉ほり聞かれ、試され、最終的にあなたを採用すべきであるのかを判断するのです。

 

アクセンチュアもその例外ではありません。

 

もちろん、その会社に本当に来てくれるかどうかという点も重要視されていますが、コンサルティングファーム全体の面接で評価されているポイントはこの1点に限ります。

 

それは、あなたが「PDCAサイクルを回せる人かどうか」という1点です。

 

 

PDCAサイクルがコンサルの面接ではいかに重要であるか

 

「PDCAサイクル回せる力」を身に着けるためにどうすればいいのかについては、こちらの本に詳しく書かれています。

 

就活関連の書籍はいろいろ出ていますが、この本に書かれていることこそが本質を突いています。

 

本気で内定を目指す就活生は必読です。

 

 

ですので、ここではPDCAサイクルを回す力の身に着け方についてここで詳しくは述べませんが、いかにこの力が重要であるのかをお伝えしていきます。

 

コンサルの面接で評価されるポイントとしては、核心として突き詰めればこの要素に尽きます。

 

あなたは人生における「自分自身の勝ちパターン」をもっているか

 

コンサルの面接では、現場の第一線で活躍している現役のコンサルタントが担当します。

 

彼らがどのように学生をみているのかとういと、「学生という仕事をしている1人のプロ」として見ています。

 

中途採用での面接では一人の社会人として見ていることは当然ですが、新卒の学生であっても学生という仕事を4年間遂行してきたプロとしてみられていると思っていいです。

 

サークルの幹部であったのであれば、サークルという1つのプロジェクトを運営するプロジェクトマネージャーとして見られているわけです。

 

ゼミの活動に携わってきたのであれば、ゼミの課題という案件に携わった者として見られているのです。

 

そう考えると、コンサルタントである彼らが面接で聞いてくる質問というのは、自然と中途採用での社会人に聞く質問と同じ内容になってくるわけです。

 

そこで重視されるのは、何かのスキルや知識ではありません。

 

その学生がサークルやゼミという物事を処理するために、どういったフレームを通して遂行してきたのか、問題が起きたときにはどういったアプローチをもって、切り抜けてきたのかという点です。

 

つまり、学生時代を生き抜く中での「あなたの勝ちパターン」を問いかけてくるわけです。

 

 学生時代から自分なりのフレームをきちんと意識して生きてきたか

 

学生時代に自分なりの勝ちルールを持って、自分なりのフレームを意識して、それを武器に成功してきたのであれば、企業の中でも通用します。

 

確かに、新卒だから会社の業務に関する知識やスキルはないですが、そこは問題ではありません。

 

学生時代に自分なりの勝ちパターンを身に着けていれば、それは企業でも充分通用するからです。

 

専門的な知識は学べばいいだけです。

 

そして、自分なりの勝ちパターンがあること、これが企業での即戦力を意味します。

 

TOEICの点数とか、IT関連のスキルがあるに越したことはないですが、核心として求められているのは、そこではないということを覚えておいてください。

 

あなたは成功を導く自分の「独自の戦い方」をもっているか

 

サークル運営、ゼミの課題の解決に絞っていいましたば、僕の場合はアルバイト先の売り上げを伸ばすためにどのような戦略をもって対応したのかというエピソードを武器にしてアクセンチュアの面接には臨みました。

 

アルバイト先の売り上げ停滞の事態との遭遇、それに対して考えたこと、その考えから自分が売り上げ向上に向けて考えた戦略、戦略にもとづいてどのように経営が傾いたのか、自分のやり方は通用したのか、しなかったのか、通用しなかった部分があったのであればその原因は何なのか、、、

 

そして、「自分なりの勝ちパターン」をそこから築くためにはどうすればいのか。

 

これに対する「答え」を持っている学生を、コンサルティングファームが新卒に求めていることなのです。

 

ここでは「答え」と一言でいってますが、これがいわゆる「自分なりの勝ちパターン」です。

 

勝ちパターンを持つためには、自分自身の行動原理をしっかりともって、その仮説にもとづいて物事に挑戦し、結果をきちんと生かして、次の挑戦に活かす、という行動を繰り返した先でしか手に入らないものです。

 

だからこそ、面接の場所でもこういう「答え」が手に入りました、と面接官に伝えるためにも、その答えを獲得するにいたったエピソードを語る上では「論理的思考力」が必要なるわけです。

 

また、そのエピソードに引き込むためには、「人を動かす力、個人的魅力」がなければ、ダラダラ話しているだけになってしまいます。

 

また、そのエピソードがある時点で、すでにその学生には「成長力」があることの証明になります。

 

また「答え」が手に入ったというエピソードを話せている時点で、問題解決にひたむきに向き合う「素直さ」を持ち得ていたことを意味すると同時に、問題解決に努めた内容が複雑であればあるほど「ストレス耐性」を持ち得ていた証明にもなります。

 

と、このように見てもらうとわかる方もいたかもしれませんが、これでコンサルタントに向いている人の5つの特徴の全てを一挙に証明できることになっているわけです。

 

つまり、自分なりの「独自の戦い方」の話を面接ですることによって、コンサルタントに向いている人であることを見せつけることになります。

 

とまぁ、さらっと言ってますが、これがそう簡単なものではないわけです。

 

第一、エピソードが何一つなければ、コンサルタントになれませんと断言しているも同然なわけですからね。

 

ただここで勘違いしてもらいたくないのは、あなたの「独自の戦い方」を見つけたエピソードを語る上での、エピソード自体の壮大さは必要ないという事です。

 

だから言ってしまえば、オンラインゲームにはまっていて、そのゲームを全国のプレイヤーと解決するために、このように考えて、攻略するための策、策を成功させるためにどう行動したのか。

 

その策が上手くいかなかったのであれば、どうして上手くいかなかったのか、そこから何を思ったのか、オンラインゲーム攻略のためのPDCAをいかに、日常生活に活かせそうと今のあなたは考えているのか?‥

 

と、こういったエピソードでもいいわけです。

 

PDCAサイクルを回せる人が、入社後にも活躍してくれる

 

このPDCAサイクルは、就職活動で内定獲得に役立つのはもちろん、本当の意味はそこではありません。

 

コンサルティングファームがPDCAサイクルを回せる人を求めるのは、それが何よりの入社後に活躍してくれる人の条件になるからです。

 

コンサルティングファームに入る人は、社内事情や業界のルールなんて微塵も知りません。

 

それが普通です。

 

それでも、このPDCAサイクルを回していけば、たとえ最初はわからないことだらけであっても、経験から学んで着実に成長していけるわけです。

 

PDCAサイクルが回せる人は、同じ失敗を繰り返さない。つまり、成長できる

 

もしPDCAサイクルが回せないような人がコンサルティングファームに入ってしまうと、何回やり直しをしても、その教訓が自分の中で整理して蓄積されないので、何度でも同じパターンの失敗をすることになります。

 

これでは、いつまでたっても成長できません。

 

そして「成長力」がない人は、コンサルティングファームには求められていません。

 

これがコンサルの面接で評価されることの、たった1つのことであり、ほぼ全てです。

 

まとめ

 

繰り返しになりますが、コンサルティングファームが、その人を採用するかどうかを決める最終的な基準は「成長してくれる人か」という点にあります。

 

特に新卒ではその傾向が強いです。

 

「PDCAサイクルが回せる人」とは=「成長できる人」であり、それはファームの利益に貢献できる人を意味します。

 

ここまで読んでもらえればもうわかると思いますが、あなたがコンサルティングファームに内定するためにやるべきことは、「私はPDCAサイクルが回せる人間ですよ」ということを証明することになるわけです。

 

では、その証明をするためにどうすればいいの?

 

そのテクニックについての全てをここでお伝えしています。→徹底解説!新卒がコンサルティングファーム内定をつかみ取るために習得すべき「テクニック(3つの戦略)」

 

それでは、また。

 

 【初めての方へ。】

コンサルは向いているか、向いていないか、が大きいです。でも、そんなことやってみなければわかりません。今まさにこの瞬間から、「考えて行動する」ことを始めれば何事も遅くはありません。「意識と行動」が変わればどんどん成長していきます。20代の現瞬を大切にしてゆけば、必ず結果はついてくるのです。このブログに巡り巡って出会えた”今”から頑張ってください。高学歴相手にも負けない、コンサルティングファーム内定までの、僕がたどった1本の成功法則をここに残します。

・「”PDCAサイクルを回せることを証明する”というゴールの確認→テクニック習得→実践経験」これがコンサルティングファームからの新卒内定獲得の必勝法です。

 

アクセンチュアにエントリーする前に知っておくべきこと 

f:id:ec0484ki:20180110174237j:plain

 

中途半端にアクセンチュアにエントリーしてしまっている人は、それぞれの職種の違いを全然わかっていない状況でエントリーしがちです。そういう人に限って、早々に選考落ちします。自分がどの職種を受けるべきか、早いうちから確認しておいてください。


・アクセンチュアの「ビジネスコンサルタント職」

・アクセンチュアの「デジタルコンサルタント職」

・アクセンチュアの「ソリューション・エンジニア職」

・アクセンチュアの「新卒採用プロセス、仕事内容」

・アクセンチュアで働く「メリット・デメリット」

 

アクセンチュアの内定が欲しいなら最低限知っておくべきこと 

f:id:ec0484ki:20180110174134j:plain

 

アクセンチュアの国内通常選考の選考ステップと各フローの対策についての最低限確認しておくべき情報をお伝えします。これらの情報に目を通しておけばアクセンチュアのビジネスコンサルタントの選考にもかなり楽に進むことができますし、内定獲得までの選考の流れが一気につかめます。


・アクセンチュアの「ES対策」

・アクセンチュアの「WEB適性検査対策」

・アクセンチュアの「GD対策」

・アクセンチュアの「ケース面接対策」

・アクセンチュアの「最終面接対策」

etc... >>


面接本番で最高のパフォーマンスを発揮するための「面接心理戦略」

f:id:ec0484ki:20171229131744p:plain

 

コンサルの面接で見られているポイントは、言ってしまえば1つしかありません。このポイントをいかに見せつけるのかに全身全霊を注ぐことが、あなたが面接でやるべきことです。そのためには、面接官から「好印象をもってもらうこと」が何よりも重要になってきます。


・コンサルの面接で見られている「たった1つのポイント」

 


コンサル志望者のための「ケース面接の極意」

f:id:ec0484ki:20171229131815p:plain

 

ケースス面接が得意な就活生というのは、普段から論理的な思考ができている学生です。しかし、論理的思考力が出来る素質があっても、その素質を頭から引き出す作業(書籍を読む、ケーススタディの講座を受講するなど)が充分に就活中に出来ていなければ、せっかくの才能も宝の持ち分されとなります。そうならないためにも、ケースススタディ攻略のためには、何が出来ればいいのか?をまずは把握しておいてください。


・ケーススタディ攻略に必要な「7つのスキル」を徹底解説!

 


コンサル志望者のための就活理論


コンサル志望者のための「自己分析のヒント」

f:id:ec0484ki:20180110173556j:plain

 

コンサルタントには向き不向きがあります。そのヒントとなる向いている人に共通する特徴を一応知っておいてください。


・コンサルタントに向いている人の5つの特徴 

 

「コンサル業界」を理解する

f:id:ec0484ki:20180110173656j:plain

 

コンサル志望者は他の就活生とは異質です。就活生の二極化は進んでおり、今や9割の学生は超安定志向であり、大手企業に入れればそれでいいという人です。その残りの1割の中でも、さらに数少ない、自身のキャリアビジョンを転職前提に考える人、それがコンサル志望者です。そんな特殊な業界のビジネスモデルを知ってください。


・新卒がコンサルティングファームに入るために知っておくべき11の知識

 

主要コンサルティングファームの「採用プロセス」を理解する

f:id:ec0484ki:20180110173735j:plain

 

本命コンサルティングファームからの内定獲得を目指すにあたって、どこを実験台企業にして、どこを本気で狙って、どこを確実に仕留めに行くのかという計画を立てる上で例年の採用プロセスあなたの年度のエントリー締め切り日程につて、企業HPのURLを載せているのでそちらで確認しておいてください。


・主要コンサル32社の採用プロセス。エントリー締め切り日から逆算して、本命企業に向けての計画を立ててください。

 

コンサル志望者のための「ES(エントリーシート)対策」

f:id:ec0484ki:20180110173815j:plain

 

ES(エントリーシート)執筆にはあれこれやり方がありますが、以下記事にある方法が最も効率よく、最も賢く、選考に通過できるESを作り上げるためのやり方です。一枚のES執筆に何日も時間をかけている暇はありません。このような手順でESを書いていけば、もうES執筆に時間を取られる心配は今後一切いりません。


・アクセンチュアのESの書き方を例に、最も効率よく各コンサルティングファームのES執筆を仕上げる方法について解説

 

コンサル志望者のための「WEBテスト対策」

f:id:ec0484ki:20180110174711j:plain

 

コンサル志望者が就活で最も気を付けておいてもらいたいのが「WEBテストの対策が間に合わなくなってしまう事態」です。十分な対策が間に合うか、間に合わなかったか、ここで大勢のコンサル志望者が毎年脱落しています。なので、あなたもその脱落者の1人にならないようにWEBテストの学習指針については、しっかりと自己管理しながら進めていってください。


・WEBテストの対策の進め方がよくわかっていない人は、こちらを参考に。

 

コンサル志望者のための「OB訪問完全マニュアル」

ンサル志望であるないにかかわらず、OB訪問を甘く考えている就活生は多すぎです。言っておきますけど、アクセンチュア内定者は、僕が話を聞けた10人ほどの学生は全員OB訪問を1回以上していました。中には、今でもラインで繋がっていて、入社前の希望職種アンケートがあるのですが、それについての相談をガッツリやってもらっている強者もいるくらいです。OB訪問をしておくことは、アクセンチュア入社のキャリアビジョンを考える上での有利になるのです。やらない理由など一切ありません。


・中途半端な学歴の大学生が超高学歴に負けないためには最低1回以上のOB訪問をしていることはもはや当たり前。

 


コンサル志望者に本当におすすめできる就活・教則本

ンサル系のインターンシップに参加している人なら、そこで就活生と情報交換する機会も多いと思うので分かると思いますが、彼らの持っている知識はもはやその辺の学生の持っている知識レベルをはるかに超えています。僕もこの事実を知った日から、死に物狂いで、コンサル関連の書籍を、多い時には3日1冊ペースで読み漁りました。

 

でもそれくらいしているのが普通だったわけです。本を読まないコンサル志望者は、コンサル志望者などと語らないことです。最低でも5冊程度は覚えるくらいに読み込んでおきましょう。10冊と言いたいところですが、コンサル関連の書籍は難しくて何かいているのかわからないって本も結構あるので、その点も考慮しての5冊です。以下ではおすすめ本10冊を紹介してます。


・コンサル志望者のための(論理的思考力が鍛えられる)おすすめ就活本総まとめ

 

コンサル業界から需要はものすごいはずなのに、なぜか入れない高学歴の学生が知っておくべきこと

は高学歴ではなかったので、高学歴が羨ましいです。もし僕のエントリーシートに記入できる学歴の欄が、早慶上智および東大京大であれば、恐らくとんでもない確率でES通過していけたのでしょう。それでも、僕は知っています。そんな高学歴であるにも関わらず、就活に失敗してしまうとんでもなく残念な人を。そんな人にアドバイスです。


・高学歴なのに就活で上手くいかないことになってしまう予備軍の人が、就活を始める前に確認しておくべきことまとめ

 


就活初心者がアクセンチュアから内定獲得するための超効率的な対策法

 

当ブログも記事数が増えてきたので、どこから手を付けて良いか分からないという人のために、就活初心者が効率的に対策するための記事だけをまとめておきます。

 

僕のアクセンチュア内定獲得事例に頼らないで外から何とか学びたいのならこの順番で進めて行ってはどうでしょうか?


① 論理的思考力を鍛える本を読む(コンサルタントを目指す者としての土台を築く)

 

② 実際に内定しているアクセンチュアのESのお手本を見て構成やエピソードを決める

 

関連:アクセンチュア内定者とはどんな学生であるのか?を多角的に把握する

 

③ やる気になったら、OB訪問を通じてアクセンチュア社員から”生”の情報収集をする

 

④ 自分の現状のスキルを正確に把握して、問題集で具体的な選考対策をする

 

→ WEBテストの問題集は、7割以上を安定して採れるようになるまで解く

 

→ ケーススタディの問題集はまずは一冊を覚えるくらいに繰り返し解く

 

・・・の前に自分に本当にあっている問題集がどれかを見極める。

 

⑤ レベルに応じて面接にたどり着ける企業からエントリーを開始して実践経験を積む

 

⑥ テストセンターの試験とGD(グループディスカッション)は選考に進みながら検証して実力を蓄えていく

 

⑦ 自分の実力不足を感じたら講座や就活コンサルなどで解決する

 

新着記事