アクセンチュア新卒内定を本気で考える

高学歴相手に太刀打ちするためにはそれなりの知識と準備が必要です。就活をやってきた中で経験したことを書いていきます。

電通に入りたいならコネを作れ!早慶上智未満が電通・博報堂から内定をつかむための現実的な方法

f:id:ec0484ki:20171231014859j:plain

 

企業の中には学歴やそれ以外の要素によって内定できるか内定できないかを、全力で振り分けてくる企業もあるわけです。

 

それが、電通・博報堂です。

 

もしあなたが、電通や博報堂を志望しているのであれば、、

 

あなたに1つ質問です。

 

Q あなたの通う大学は早慶上智および東大・京大・東工大レベル以上ですか?

 

この質問の答えがYESであれば、これまで通り就活を続けてください。

 

強いていうなれば、今回僕がお伝えしていることを参考に電通・博報堂を目指せば、さらに内定獲得の確率は高くなるはずです。

 

一方、ここでNoと答えたあなた。

 

あなたには電通・博報堂内定者についての真実をお伝えしておきます。

 

ここでお伝えしていることが、早慶上智未満のあなたが電通・博報堂から内定を掴むための最も現実的な方法です。

 

 

電通・博報堂の内定の約8割は早慶上智レベルの学生です。

 

まずはこのことを言っておかなければなりません。

 

8割が早慶上智レベル。残りの1割がMARCH・関関同立。

 

もう残りの1割は、それ未満がいるかいないかです。

 

アクセンチュアの新卒採用にも学歴フィルターが強烈にかかっていることは知っていましたが、電通・博報堂ほどではありません。

 

電通・博報堂には、どれだけ広告業界への愛があっても内定できない

 

これは1つの参考エピソードとして聞いていただければいいのですが、僕の大学の先輩の1人で、大学1年生の頃から電通および博報堂に行きたいがために、入社することを考えてきた先輩がいました。

 

広告業界で働けるように、彼は大学一年の時から学生向けのフリーペーパー制作団体に所属し始めました。

 

団体の活動にも積極的に参加し、大学3年時には数百人を超える団体メンバーの広報部長として勢力的に活動しているほどでした。

 

それ以外にも、掛け持ちで所属していた地域の魅力を拡散する団体に所属し、そこでは広報担当としてFacebookを毎週欠かさずに更新していました。

 

アルバイトでは広告関係の新聞社で大学在学中の3年間をまるまる注いでしました。

 

そして、そんな思いで大学生活を過ごしてきた集大成。

 

誰よりも自信をもって、誰よりも広告業界および、電通・博報堂に対して熱く語れる状態で就活に取り掛かったにもかかわらず、彼は選考が始まってすぐ、電通・博報堂のどちらからもあっけなく落とされたのです。

 

その後、彼は博報堂の子会社へと入りました。

 

この事実から一つ確信したことは、どれだけ広告業界に情熱があっても、大学在学中にいくら広告関係の活動に注力し続けてきても、関関同立レベルだと、容赦無く落とされるのだということです。

 

まさに理不尽だと思います。

 

でも、これが電通・博報堂では当たり前のことだと思っていていいでしょう。

 

では関関同立・MARCHレベルの内定者のわずか1割の学生はどんな手を使って例年内定にこぎつけているのか?

 

その答えをここからお教えします。

 

コネクションこそが電通・博報堂に受かるための最強の武器になる

 

早慶上智以上の学歴レベルであること自体は、入場切符をもっているに過ぎません。

 

早慶上智レベルであって、初めて土俵に立たせてもらえるのです。

 

持っていない学生はどうするか?

 

そうです。普通に入場ゲートに突っ込んでも無駄です。

 

何が必要か?

 

それがコネクションです。

 

他業界では見られない要素「コネクション」。広告代理店には、得意先や著名人の子息が多いと言われています。親のコネなどない!という場合でも、人脈をたどって誰かと接点を持つ努力は、未来の営業マンとして必要なことかもしれませんね。

引用:加点ポイントは「ユニークさ」と「コネクション」?

 

つまり、ここでのコネクションというのは、電通・博報堂社員の立場が上の人に認知してもらうことを指します。

 

そこにたどり着くためには、自分の知る限りの人脈をたどり、あらゆる手を尽くすしかありません。

 

親のコネや親せきのコネがなければ、どんな手を使ってでもコネクションを持つことです。

 

コネとは人脈であり、電通・博報堂に内定するための最重要戦略

 

コネというのは人脈です。

 

コネなんて言い方をすると、悪いことをしているイメージを持ちがちですが「人脈」と言えば、だいぶ見え方は変わってきます。

 

人脈というのは勝手に出来るものではありません。その人脈を作るためには、相応のコミュニケーション能力と、そのための努力が必要なわけです。

 

そして、例え就活中であっても、そこで築き上げられた人脈というのは、働き出してからも価値あるものです。

 

どこの企業の採用担当者も「おお!」と驚くような人脈を就活中という短い期間を通じて築いていた成果を出せれば、それを評価する人がいないはずがないのです。

 

人脈とコネは変わりません。

 

コネをもってして、電通・博報堂に臨むことこそが、最も現実的なやり方です。

 

早慶上智未満の1割の内定者は、なんだかんだいって、コネをもってして内定しているのです。

 

それはこれといったコネを築けていなかった、僕の大学先輩も証明してくれています。嘘だと思うかもしれませんが、それが現実だったのです。

 

コネがないなら作り出せ!

 

もともとコネを持っているなら、電通・博報堂に限らず、大手広告代理店の選考では前面にそれをアピールすべきです。

 

なぜなら企業にとっては、少しでもコネのある人材が入社してくれることはメリット以外の何物でもないからです。

 

そして私は断言する。マスコミ、特に広告業界には明確なコネ枠が存在する。

引用:第9回:「コネは重要な才能だ」と認識できないバカは、就活戦争には決して勝てない。

 

でもコネなんて普通の学生はもっていません。

 

電通・博報堂の内定者の8割が早慶上智の学歴をもってして、勝ち取っています。

 

残りの1割である関関同立・MARCにも満たない無名大学の内定者は、元々あるコネを活用した内定者たちです。

 

では、その他の1割はどうやって内定したのか?

 

そうです。

 

彼らこそ、元からコネをもってもいないのに、就活中にそのコネを0から築き上げて、見事に内定を勝ち取った者たちです。

 

コネがないなら作ればいいのです。

 

電通・博報堂社員とコネクションを持つための方法

 

方法としては、まずは自分の大学にいるOB/OGには片っ端から声をかけて、自分自身の存在を知ってもらうことに尽きます。

 

ちなみに、電通・博報堂にOB/OGがいないような大学に通っている時点で、もう内定獲得を目指すことは諦めてください。

 

で、当然一回や二回のOB訪問では終わることは論外です。

 

一度目のOB訪問をした際に、さらにその社員の同僚もしくは先輩社員の連絡先を、なんとしてでも聞き出して、さらに繋げてもらうことが最大の任務です。

 

いつまでもいつまでも、下っ端の社員に話を聞いているだけでは、OB訪問をしている意味がありません。

 

1人のOBをきっかけに、どこまで上の立場の人間までつないでつないでつないでいけるかがコネクションの獲得にかかっています。

 

OB訪問で数をこなすのは当たり前

 

数をこなしたうえで、いかに上の立場の社員につなげてもらえるかが勝負です。

 

どこまで自分の顔を電通・博報堂社員の採用担当関係者および、権力のある社員に事前に知ってもらうことが出来るか。

 

これが早慶上智未満の学生の最も現実的な内定のもらい方です。

 

入場切符を持っていないなら、コネクションという武器を持たないと、電通•博報堂の戦場では戦ってはダメなんです。

 

理不尽だと思うかもしれませんが、仕方ないです。

 

何の武器もなければ当然のごとく負けます。

 

まとめ

 

OB/OGが見つからないなんて言ってる学生は、この就活ツールを使ってもそれが出来ませんか?

 

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

そんな情報弱者では、コネクションを掴むどころか、どこの企業にも受かりません。

 

もっとアンテナを張ってください。

 

電通・博報堂が求めているのは、あなたがこれまで何をしてきたのかではなく、何ができるのか?です。

 

電通・博報堂の必勝法はズバリ、コネを最大限に活かすこと。

 

就活中にのOB/OG訪問でパイプをたどり、コネを築いて、それを企業に全面的にアピールすること、これに尽きます。

 

そのための努力が、電通・博報堂で働くためには必要な、最初の一歩です。それでは、また。

 

コンサルは向いているか、向いていないか、が大きいです。しかし、圧倒的な準備と知恵でその壁は越えられます。今まさにこの瞬間から、「考えて行動する」ことを始めてください。「意識と行動」が変わればどんどん成長していきます。20代の現瞬を大切にしてやるべきことを成せば、必ず結果はついてくるのです。このブログに巡り巡って出会えた”今”から頑張ってください。高学歴相手にも負けない、コンサルティングファーム内定までの、僕がたどった1本の成功法則をここに残します。

【アクセンチュア新卒内定獲得の必勝ルート】「”PDCAサイクルを回せることを証明する”というゴールの確認→テクニック習得→実践経験」これがアクセンチュア新卒内定獲得の必勝ルートです。

 

新着記事