アクセンチュア新卒内定を考える就活講座

超高学歴を相手に太刀打ちするためにはそれなりの知識と準備が必要です。そのために本当に役に立つ情報を提供します。

「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは?【4月編】

f:id:ec0484ki:20171108175725j:plain

 

「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは?【3月編】の続きです。

 

その1でも書きましたが、3月に入ってから上旬→中旬→下旬となるにつれて、どんどんやることは増えていきます。

 

特に3月下旬の時期からは、4月以降の面接に進むためにWEBテストの受験や、ESの提出は1日1社くらいのペースでこなしていく必要があります。

 

大げさに言ってるわけではありません。

 

本当に、刻一刻と、各企業のエントリーシート提出期限が過ぎていくため、そうせざるを得ないのです。

 

その就活の山場となる時期がこの4月いっぱいの期間です。


それでは今日の本題です。

 

 

経団連のルールでは面接解禁は6月にもかかわらず、内々定は5月の段階に出ている!

 

就活の流れで、もっとも知っておいてもらいたいのがこの4月中の動き方のことです。

 

経団連のルールでは、就活広報解禁月が3月。面接解禁が6月。となっています。

 

しかし、実態は、全然違います。

 

3月下旬にエントリーシートを提出し、WEBテストの選考を受けてから、4月以降にすぐにもうそこからのGD選考や面接選考は始まるのです。

 

さらに僕が受けていたアクセンチュアの選考タームは、なんと最終タームでした。

 

つまり、この4月中に面接選考が始まっていたことは、早いわけでもなんでもなくて、コンサル志望者からしたらむしろ一番遅い、これがギリギリの日程なのです。

 

実態とはかけ離れた就活サイトの就活スケジュールの例

 

ここで一般的な就活スケジュールについてよくある日程表をお見せしておきます。

 

f:id:ec0484ki:20171108114023p:plain

参照:徹底解説! 2019卒 就活スケジュール - 就活準備 - マイナビ2019

 

上記はマイナビが公開している就活広報解禁月が3月の就活スケジュールです。

 

どの就活サイトのスケジュールを見ても同じなので、ここでは代表としてマイナビを取り上げています。

 

そして、この就活スケジュールで何がおかしいのかというと、まず試験・面接と記載されている時期が6月以降であるという点が1つです。

 

そしてもう一点が、内々定の時期が6月以降になっている点です。

 

4月上旬からの就活スケジュールは、正確にはこうです。

 

4月上旬➡ES提出(終盤)試験・面接(開始)

4月下旬➡試験・面接

5月上旬➡面接(終盤)

5月下旬➡内々定獲得

6月上旬➡就活終了

 

これが本当の就活の流れです。

 

ESの提出は4月スタートではなくて、3月下旬スタートです。

 

なぜなら、3月下旬の時期にすでに多くの企業がエントリーを締め切り始めるからです。

 

主なところでは、、

 

  • 3/23 NRI(野村総合研究所)ES締め切り
  • 3/27 船井総合研究所 ES締め切り
  • 3/29 リクルートキャリア ES締め切り
  • 3/30 アクセンチュア WEB適性検査締め切り
  • 3/31 大塚製薬 ES締め切り
  • 3/31 山田ビジネスコンサルティング ES締め切り

 

上記の日程が実際に僕がエントリーした企業の締め切り期限でした。

 

つまり、ESの提出が4月以降だと思っているようではもう何もかも間に合わなくなってきます。

 

そして、4月に入ってからすぐに提出したESの選考結果が伝えられ、容赦なく面接が始まります。

 

早いところでは4月上旬から始まります。

 

遅くとも4月下旬からほとんどの企業の選考が始まるのです。

 

そこから、1次選考、2次選考、3次選考と長くとも選考が1っカ月くらいで終わり、5月下旬の時期には、多くの就活生がどこかしらの企業の内々定を既に持っている状態になります。

 

この5月下旬の時期の企業説明会などで聞こえてくる会話と言えば、「どこどこの内定おれもらったよー。」とか「おれ今内定3コだわ~」とかそんな内容ばっかりです。

 

これが本当の就活スケジュールです。

 

知っている人にとってこの暗黙の「就活の流れ」は当たり前のことかもしれませんが、就活を開始する前の大学3年生はこの事実を知らない人がほとんどです。

 

なので、こうした実態があることは今のうちから把握しておいてください。

 

もちろん6月以降の企業の面接が始まるところもありますが、その時期に合わせてWEBテスト・ES・面接の対策と進めているようでは、とてもじゃないけど他の就活生のレベルにまったくついていけなくなります。

 

その意味でも、上記の就活スケジュール感覚をもって、決して間違った就活スケジュールに流されずに、ここでお伝えするスピード感で動けるように覚悟してください。

 

それでは、4月上旬→4月中旬→4月下旬にかけて具体的にどういったスピード感で選考対策をすすめていけばいいのかについて、僕の経験談に基づいてお伝えしていきます。

 

4月上旬~この時期からは面接スキルをいかに早く身に着けるかが肝となる

 

4月上旬には、、、

 

  • 3月下旬のうちに間に合わなかった企業のエントリーしておく
  • 6月以降に選考が控えている企業にもESを提出して保険をかけておく
  • それら保険をかけておく企業のWEBテストを受験しておく

 

という期間でもあります。

 

と同時に、その作業と並行させながら行っていく4月以降にメインでやることが「面接スキル」の習得です。

 

とにかく4月上旬からは、この面接スキルをつけていくことが肝になります。

 

6月以降に面接がある企業のスケジュールに合わせていてはいけません。

 

そんなスピード感でやっていては、周りの就活生よりも平和ボケしていって、結局どこの企業にも受からない就活生になってしまうのが目に見えています。

 

そのためにも、この面接スキルを4月中旬までに、遅くとも4月下旬までに身に着けて、「どんな面接でもかかってこい」という状態に仕上げておかなければいけないのです。

 

僕が一番最初に、企業の面接を受けたのは「エイチーム」という会社だったのですが、それが4月3日でした。

 

そして僕はここで、見事に大失敗をしました。

 

しかし、これは当然の結果なのです。

 

最初から面接で上手いくわけがないことを覚悟しておくこと

 

そもそも、面接の対策もろくにしていない大学生が、いきなり社会人と対峙したところで、上手くいくはずありません。

 

一切緊張することなく、今までの人生で一度も投げかけてこられない質問に対して、はきはきと答えることなんて、最初は無理なのです。

 

逆にこれができる学生は相当変わってます。できるやつは特殊能力者です。

 

しかし、僕は凡人です。

 

もちろん面接の流れは「就活ファール」の玉井君の動画 などを通じて、何度もシュミレーションしていたのですが、これが実際にやってみるとそれはそれは苦しかったです。

 

今でもこの時の、一番最初にやった面接のことは忘れもしません。

 

それだけ自分の不甲斐なさに本当にあきれ返ると時間でしたし、絶望した瞬間でもありました。

 

それほどまでに、本当に本当に最悪の面接でした。

 

つまり、この経験から何が言いたいかというと、、

 

  • 面接なんて最初から上手くいくはずがない
  • 面接スキルをつけるためには、実践経験を積むしかない

 

ということです。

 

それも1回や2回の実践経験で習得できるものではありません。

 

何度も何度も何度も実戦形式の面接を行って、面接の対策をして、それでようやくまともに社会人と落ち着いて話ができる状態になります。

 

最初の頃は、面接をすればするたびに、自分の不甲斐なさにどんどん気づかされていきます。

 

そしてどんどん落ち込みます。

 

「もう俺、就活ダメなんじゃないかな。。」と思うことなんて当たり前にありました。

 

そこから就職エージェントでの面接対策講義や大学のキャリアセンターの模擬面接をやってもらえば、そこでもまた自分のダメなところをダメ出しされて、さらに傷つきます。

 

それはそれは苦しい毎日です。

 

でもそこまで苦しんだ上で、そこから諦めずに、這い上がれたやつが面接スキルをそこで習得できるのです。

 

そして、この面接スキルの習得を4月いっぱいの期間でやりきらなければなりません。

 

注意!面接に絶対にたどりつける企業に3月中にエントリーしておくこと

 

あとここでひとつ注意しなくてはならないのは、3月中に面接に中々進ましてくれないような超大手や一流企業ばかりにエントリーしていたせいで、ESやWEBテストで落ちているばっかりで、4月上旬からほとんど面接選考を経験できなかったという状況です。

 

ここは自分の力量を過度に評価してはいけません。

 

とにかく、4月上旬で面接に進む企業というのは、最悪、行く気がなくてもいいです。

 

なるべく早い時期から、本命企業でも通用するための面接スキルを身に着けるために、その面接の練習として企業の選考に進む作業が4月上旬の時期には必要なのです。

 

なので、3月下旬のうちから、4月上旬で面接を一次選考からさせてもらえる企業のエントリーにつていも欠かさずにしておくことを忘れないように。

 

4月中旬~面接スキルはどん底まで失敗してからこそ身につく!

 

4月中旬は、4月上旬に参加した面接で失敗しまくっていることもあって、面接スキルの未熟さにまさに「絶望している時期」です。

 

ここで絶望していない人は、よっぽど自分がナルシストか、自分の能力を誤解していると思った方がいいです。

 

就活の面接の習得は簡単だとはいっても、奥が深いです。

 

「内定がもらえないあるあるTOP10」が自分では全然わかっていない学生というのがけっこういます

 

これは僕だけじゃなくて、就活に出遅れて就活を始めた学生の全員にあてはまることです。

 

だからこそ、まさにこの時期が就活においての地獄であり、踏ん張りどころでもあります。

 

ここで、自分の力のなさにそのまま屈して諦めるのか、ナニクソと踏ん張って努力するのかの分かれ道、それが4月中旬です。

 

ここから僕がどうやってこの時期を乗り越えたかというと、一番最初の面接で大恥をかいたおかげで、そのトラウマ級の自分の不甲斐なさを逆にバネにできたからです。

 

あの時の悔しい思いがあったからこそ、そこから周りの就活生とのレベルの差をひしひしと感じがらも、企業の選考には臆せずに、半ばやけくそで飛び込んでいくことが出来ました。

 

というわけで、4月中旬の時期は、4月上旬に失敗した経験をもとに、自分の面接スキルのダメなところを修正していきながら、面接対策に一層全力でのぞむ期間になります。

 

4月下旬~今までの就活スキルを、ここからは全てぶつけていく期間!

 

4月下旬になると、そろそろ勝負は決まってきます。

 

というのも、3月下旬にエントリーを出した企業の面接というのがだいたい、この時期からピークを迎えるからです。

 

僕が最終的にゴールとしていた、船井総研・アクセンチャアの面接選考についてもちょうどこの4月下旬からのスタートでした。

 

なので、ここからが本番です。

 

それまでの企業は、選考に進めていれば運がよかったと捉えて、落ちているのが普通だったと思ってもらえればいいです。

 

4月上旬に受ける面接なんていってしまえば練習台くらいの認識でいいです。

 

4月に入ってからの約2週間で、どれだけそれら練習台の企業で面接スキルを身に付けられているかによって、ここから先の本命企業の選考に進めるか、落ち続けるかが決まります。

 

ある意味で、この4月下旬以降が、どれだけ巻き返せるのかというターニングポイントです。

 

そして、3月~4月下旬までのここまでの約45日間を、どれだけ全力で走り続けられるかどうかで、その後の企業の選考に通り続けるか、落ち続けるかが決まります。

 

4月いっぱいの期間はとにかく「面接スキル」を死ぬ気で磨くこと

 

面接というのは、WEBテストやESと違って、自分の思い通りにはなかなかうまくいきません。

 

就活において最も苦しいのがこの面接であり、新卒に求められる能力がまさにこの面接スキルです。

 

どれだけESがよくても、どれだけWEBテストがよくても、どれだけ企業研究ができても、面接がボロボロだとそれまでの努力が無駄になるといっても過言ではありません。

 

就活においては、どれだけ能力が優れていようとも、それをアウトプットする力、表現力、相手に自分が優れていると伝える力がなければ、意味がないのです。

 

言ってしまえば、多少あほでも、アウトプットが上手ければ、それなりに優秀なアウトプットが下手な学生には勝てるのです。

 

面接スキルというのはわかりやすくいうと、要は「就活に特化した、コミュニケーション能力」です。

 

参照>>なぜ企業はコミュニケーション力を重視するのか? [大学生の就職活動] All About

 

この能力はただのコミュニケーション力ではいけません。

 

仲のいい友人となら、けっこう話せる人にも、確かにコミュニケーション力があるとはいえますが、就活用のコミュニケーション力は、それとはまた別のスキルです。

 

しかし、よほど人前で話すことが苦手ではない限り、この力は無理やり短期間で磨くことが可能です。

 

僕が現にそのことを証明しました。

 

一番最初に面接をしたときには、自分でも話していて何を話しているのかもわからない状況で、全身から汗を吹き出しながら、止まらない体の震えを抑えながら、ただ何か言葉を発し続けるということが、精いっぱいの状況でした。

 

しかし、そこから、僕は努力しました。

 

4月中は、ほぼ毎日、面接で話すことのシュミレーションとしてスマホ動画で自分を撮影する練習を続けていました。

 

実際の企業の選考会の面接にも2日に一回のペースで参加しました。

 

面接のお手本となる動画も毎日見ていました。

 

そすれば、「面接スキル」を自分の中に叩き込むことが出来たのです。

 

ある意味でこの時期は、自分の感覚が少しバグらせていたといってもいいです。

 

「自己アピールしてください」などといきなり言われて、そんなのとてもじゃないけど不可能だった人間が、4月を境にして突然、自分の長所や短所を流ちょうに話しだす人間に変わるわけですから、ある意味で僕はバグっていきました。

 

バグってないと、自己アピールなんてものを、20歳そこらの若者が、社会人の前で淡々と答えられるようにはなりません。

 

面接スキルを身に着けるためには、それまでの自分をいったん捨てましょう。

 

この時期だけでいいです。死ぬ気で没頭してください。

 

4月中に面接の場数を踏むためにも受けてきた企業がこれ

 

以下にある企業の選考が、僕が4月中に面接の場数を踏むためにも受けてきた企業です。

 

4月上旬

4月3日

・「エイチーム」の1次面接(最初の面接)に参加

・GoodFindの就活アドバイザーの方と就職活動においての面接対策

4月4日 

・「エムスリー」の1次面接に参加

4月5日 

・「リクルート」の自己分析・面談講座に参加

・「船井総合研究所」の選考会に参加

4月中旬

4月14日 

・「NKメディコ」の採用担当者と個人面談

・「SBIホールディングス」の1次面接に参加

4月16日 

・「ブラニュー株式会社」の選考会に参加

4月17日 

・「大学のキャリアセンター」にて模擬面接に参加

4月18日 

・「船井総合研究所」の3次選考(集団面接)に参加

4月19日 

・「NKメディコ」の2次選考(2次面接)に参加

4月下旬

4月21日 

・「大学のキャリアセンター」の模擬面接講座に参加

4月24日 

・「NKメディコ」の選考(3次面接)に参加

4月25日 

・「クラシエ」の企業選考会(1次面接)に参加

4月26日 

・「アクセンチュア」の一次面接(面接+ケーススタディ有)に参加

4月28日 

・「フリーセル」の選考会(1次面接)に参加

 

僕の場合、4月中には、16回企業の実際の選考の中での面接に参加しています。

 

アクセンチュアの一次面接当日まででいうと、15回です。

 

4月以降は、少なくても、これくらいのペースで面接をこなしていなければ面接対策は甘いと言えます。

 

これらの企業というのは、僕の場合、ほとんどが行きたいから受けてきた企業ではありません。

 

これら企業のほとんどが本命企業の選考に通過するための踏み台です。

 

もしここで、船井・アクセンチュアの選考にも落ちていれば、6月以降の面接を控えていた、製薬会社の選考とリクルート系列の会社数社の選考に進もうという計画でした。

 

なので一応保険はかけていました。

 

とはいえ、それら6月以降に面接選考を開始するような企業はあくまで最悪の場合を想定して、セーフティネットです。

 

そこをゴールとして就活をしているようでは、もし6月以降の選考でダメだった場合には、いよいよ取り返しのつかないことになります。

 

その意味でも、

 

4月いっぱいの期間で面接スキルを仕上げる

5月いっぱいの期間で就活を終わらせる

もし満足のいく結果が出なかったら6月以降の選考に進む

 

これくらいのスケジュール感覚を持っていなければいけません。

 

4月中のリアルな就活の流れと動き方について

 

最後に4月上旬→中旬→下旬にかけての就活の流れをまとめます。 

 4月上旬

  • 企業説明会への参加も気になる企業のみ
  • 企業研究
  • 本命企業群でのWEBテスト受験
  • 本命企業群へのES提出
  • 面接対策開始➡何度も失敗して当たり前

 4月中旬

  • 企業説明会への参加(なるべく選考会とセットになているところで)
  • 企業研究
  • 面接

 4月下旬

  • 面接
  • 本命企業の面接に進む

 

これが、4月いっぱいの期間での正しい就活の流れと動き方です。

 

まとめ

というわけで、ここまで4月中の就活について説明したのですが、またかなり長くなってしまいました。5月上旬以降の就活の流れ・動き方については別記事でお伝えしていきます。

 

追記

「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは?【5月・6月編】を公開しました。