アクセンチュア新卒内定を考える就活講座

超高学歴を相手に太刀打ちするためにはそれなりの知識と準備が必要です。そのために本当に役に立つ情報を提供します。

「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは?【3月編】

f:id:ec0484ki:20171107173156j:plain

 

就活の流れについて初めから理解しきった状態で就活を始めている大学生というのは少ないです。

 

僕自身就活を始めてみてから、企業へのエントリーをして、その企業の選考に進んでいくうちに、WEBテストの受ける時期や、面接の時期について宣告されながら、そこで初めて、本当の就活の流れを理解しました。

 

というのも、経団連の発表している「就活広報解禁、面接開始のルール」がそもそも実態の就活の流れと、まったくかみ合っていないのです。

 

就活を終えてみた今でこそわかることは、一般的に就活サイトでかかれているような就活スケジュールというのは、恐ろしいくらいに間違っていたという事実です。

 

間違っているというのは、建前上の就活スケジュールと、就活スケジュールの実態との間にズレが起きているという意味です。

 

そこで、今回は、「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月」の就活スケジュールにおける正しい就活の流れ・動き方についてお伝えしていきます。

 

特にアクセンチュア内定を目指している就活生は、ここを理解しておかなければ、本当に取り返しのつかないことになります。

 

これからお伝えすることは、一般的に公開されている就活の流れのどこが具体的におかしいのか?どう実態とはズレているのか?本来はどういった動き方をしておく必要があるのか?といったかなり踏み込んだ情報です。

 

経団連の発表している就活ルールに従っていてはいけません。

 

あのルールに大真面目に従っているような就活生は、間違いなく就活に乗り遅れます。

 

一部企業は「私たちは真面目に経団連のルールに従っています!」などとドヤ顔で語っているところもありますが、そんな企業は圧倒的に少数派です。

 

ぶっちゃけ経団連のルールに大真面目に従ってる企業なんてほぼありません。

 

僕が知っている限りでは、地方銀行や、製薬業界の一部企業、リクルート系列の会社、くらいです。

 

それでは、具体的にお伝えしていきます。

 

 

3月上旬〜就活広報解禁月に入ってからまずやるべきこと

 

3月の時期が、就活広報解禁ということになっているのは、だいたいの就活生は知っています。

 

ここはみんなわかってるんです。

 

ここの準備だけはみんな覚悟できています。

 

しっかり準備して、3月1日にはパソコンの前にぴったりとはりついて、説明会の申込やプレエントリー出来ています。

 

プレエントリーについてもう少し詳しく解説

 

ちなみに、プレエントリーというのは、企業の選考を受けるためにエントリーするというものではなく、企業に対して関心をもっていますよーという意思表示をすることです。

 

このプレエントリーによる企業への意思表示をする方法は、リクナビやマイナビのサイトから行うことが一般的です。

 

プレエントリーすることによって、何が起きるのかというと、その会社の今後の企業説明会につていの情報や、選考情報についての通知が受け取れるような状態になるといった具合です。

 

つまり、その企業をお気に入りに登録しておくような作業=プレエントリーとなります。

 

で、このプレエントリーの作業は3月1日~いつの時期まで、みたいな締切は特になくて、就活の時期はずーっとできます。

 

ただし、その企業の新卒採用の募集が定員に達してからは受付終了となってしまうので、基本的には3月中には、プレエントリーについては終わらしておくことが一般的です。

 

そこからさらにプレエントリーしているとしても、4月中旬ごろまでがボーダーです。

 

僕も4月の1周目あたりまではプレエントリーを続けていましたが、そこからの時期になると、もうプレエントリーなんてやってる場合じゃなくて、企業のWEBテストやら面接やらが始まって大忙しになります。

 

なので、繰り返しになりますが、プレエントリーについては3月中に終わらしておくことになります。

 

つまり、3月中には自分がどの企業にエントリーして、その後の選考を受けていくのか、ある程度絞っておく必要があるということです。

 

もちろん、4月以降になって気になる企業を見つけてしまったら、プレエントリー(お気に入り登録)してない企業のエントリーもいきなりするという方法でも全然問題ありません。

 

ただし、3月中にプレエントリーについては満足するまでやり切るという覚悟でやっておかないと、いつまでも引き延ばしになってしまって、その後にやるべきことに何一つ手が付けられなくなってしまうので、そこは警告しておきます。

 

では次に、このプレエントリーをすることによって、各企業からのリクナビやらマイナビやらで登録しておいたメールアドレス宛に届く企業説明会についての、参加申し込みをする時期、説明会の実際の開始時期についてお伝えしていきます。

 

企業説明会に参加し始める時期について

 

企業へのプレエントリーをすることが3月1日(就活広報解禁月)からの一番最初にする作業であることは既にお伝えしました。

 

で、そこからすぐにプレエントリーしておいた会社からは次々に「説明会をこの日程で開催しますので参加してください。」という旨が書かれた内容のメールが届きます。本当にすぐに届きます。

 

早いところであれば、プレエントリーを3月1日にしてから、メールがその日のうちに来て、その1週間後には説明会が開催されるというペースです。

 

例えば僕の場合、リクナビから一番最初にプレエントリーした「TOWA」という京都の半導体メーカーの会社から届いたメールがこちらです。

 

こんにちは!
半導体製造装置メーカー、TOWA株式会社の新卒採用チームです。
早い時期から私たちに興味を持っていただきありがとうございます!

▼3月8日(水)、9日(木)、16日(木) 限定説明会 開催!!▼

・最先端の技術力を活かした提案活動に関わりたい!
・世界を舞台に活躍したい!
という想いが少しでもあれば、ぜひ一度説明会にお越しください。 

 

このメールは、リクナビに登録した3月1日のその日に来ました。

 

そして、メールの中身はというと、登録した一週間後には早速、説明会を開催するということが書かれていました。

 

と、こんな感じで3月8日から説明会が始まることはごくごく当たり前で、プレエントリーの作業をしながら、そのプレエントリーした会社から来る説明会の申し込みについてもほぼ同時進行で進めていく必要があるわけです。

 

ここまでの3月上旬~就活の流れをさっそくまとめておくと、、

 

プレエントリー

企業説明会への申し込み

さらにプレエントリー

企業説明会への参加

‥これが続く。

 

という要領です。

 

これが、就活広報解禁月以降に、まず最初に全力でやることです。

 

あともうひとつ大事なことは、この企業説明会への参加を、その企業への本エントリーするための条件として課している企業が数多く存在するということです。

 

つまり、企業説明会へ参加することは、ただ説明を聞きに行けるという目的だけでなく、その企業の選考に進むためにも必要不可欠になってくるというケースも多いということです。

 

企業の本選考にエントリーしたくても、説明会に参加していなかったから進みたいのに進めないと、あとで気づいてからでは手遅れです。

 

こういった実態があることも把握したうえで、できる限り企業説明会には参加する必要があることも忘れないようにしてください。

 

では、ここからは、プレエントリー、説明会申し込み、説明会参加の流れ以降の、就活の流れについてお伝えします。

 

3月中旬~Webテストの勉強をやってないなら対策必須!

f:id:ec0484ki:20171108002222j:plain

 

WEBテストの勉強は、就活を早くから意識できている学生は、12月頃からやっています。

 

しかし、僕はそうじゃなかったです。

 

なので、Webテストの対策も3月の中旬~もし対策できていなかったのであれば、3月下旬から始まる企業のWebテストにはどう考えても間に合わなくなりますよという意味です。

 

なので、Webテストの対策をするタイミングについては早いに越したことはないです。

 

なんなら早ければ早いほどいいです。

 

なぜなら、プレエントリーや企業説明会の申し込み作業は基本的には3月1日以降からにどうしてもなりますが、Webテスト対策は自分の好きなタイミングで始められるからです。

 

早めに対策を終わらしておいて、就活解禁月以降は、肩慣らしとして問題集を解くくらのペースで勉強しているのが理想的です。

 

3月上旬~は企業説明会で忙しい上に、合わせて業界研究、企業研究といったことも必要なわけです。

 

そんな期間に、落ち着いてSPIや玉手箱の問題集を開いて、WEBテストの対策を黙々と対策するのはかなり難しいです。

 

「webテストの対策もやらなくちゃ!でも説明会もいかなくちゃ!!でも企業研究もできてないし!!!」

 

こうなることは僕が実際に経験済みです。

 

こうなると、精神的にもなかなかおかしくなりそうです。これも実際に僕が経験済みです。

 

となると、就活解禁月以前になるべくWebテストの対策(SPIと玉手箱といった一般的なテスト対策)についてくらいは進めておくことが賢明です。

 

就活解禁月の3月に入ってからWEBテストの対策をして間に合ったの?

 

結論からいうと、最低限のWEBテスト対策については3月中に間に合いました。

 

しかし、あくまで最低限です。

 

それでも本当にギリギリでした。

 

3月下旬の時点で、ある程度の点数は採れるようになりましたが、そこから高得点を採るためにはさらに何倍もの時間と慣れとテクニックが必要になってくるとわかったので、そこまでの技術をみにつけるのはとても僕には無理であるという理由で、ここでWEBテストの対策については終わらせました。

 

なので、全然WEBテストの対策ができてないのに、就活解禁月を迎えてしまった人は必死で毎日コツコツ積み重ねていくことを強いられることは、覚悟しておいてください。

 

WEBテストの中で最もメジャーなSPIテストセンターのテストについて少し解説

 

テストセンターで受験するSPIというものの仕組みについて少し話しておきます。

 

SPIのテストというのは、一度受験すれば、その時に一番直近で受けたテストの結果であれば何度でも使いまわすことが出来ます。

 

なので、捨て企業を利用してSPI受験を何度もしておいて、そこである程度の高得点が取れたなと思ったところで、ストップして、そのテスト結果を他の企業のSPI受験が課されていた場合には使いまわすことができるというわけです。

 

ただし、毎回自分が採れている点数が何点なのかという具体的な点数については教えてもらえません。

 

なので、あくまで感覚でどれくらい採れたかというのを参考にして、使いまわすか、もう一度受験するかを決める必要があります。

 

僕の場合は、合計3回SPIのテストセンターでテストを受験しました。

 

練習台とした企業は、リクルート系列の企業にエントリーしまくっておいて、合計5回ほどの練習ストックをもっていました。

 

SPIの練習企業として利用した企業は以下の会社です。

 

  • リクルートジョブズ
  • リクルートキャリア
  • りそな銀行
  • 住友ゴム
  • 旭硝子
  • 新日鉄住金

 

これらの企業は、エントリーシートを本当にテキトーにかいて、(全部「あ」とかでも可)エントリーシートの提出が完了したと同時に、WEBテストの受験が求められるので、そこで課されるSPIの一回きりの受験コードを手に入れて、SPIのテストセンターにのぞむといった要領です。

 

例えるなら、AKBとかの握手会のチケットをもらうために、CDを買う行為が、まさに企業へのエントリーをして、SPIのテストを受ける受験コードを発行してもらう感じです。

 

当然、一企業につき一度しかテストは受けられないので、これを何度も繰り返すために、多くの企業にエントリーするわけですね。

 

そして、僕の場合、SPIの最後の受験となったのは4月3日で、これを機にSPIの受験は終了しました。これでもだいぶ遅い方です。

 

本当に早い人は3月の中旬には終わらしています。

 

基本的に、企業のWebテストによる選考は、ESを提出することになる3月下旬から4月上旬にかけての時期になります。

 

なので、3月に入ってからWEBテストの勉強を始めたとしても、勉強できる期間は2週間~3週間程度です。

 

もちろん、4月以降になってからもWEBテストの勉強を続けて、SPIを受けまくっている人もいますが、4月以降はとにかくそんなことをやっている時間はありません。

 

4月に入ってからは、WEBテストの選考も続々と終了していきます。

 

そう考えると、3月末にすでにWebテストの対策はある程度完了しておくことを目途に、WEBテストの勉強は早目早目にやっておくことを強くすすめます。

 

3月下旬~ESの提出を締め切る企業がどんどん出てくる!

 

Webテスト対策を3月中には既に終わらしておく必要があることをお伝えしました。

 

そして、3月下旬に入ってからやるべき重要なことがESの提出です。

 

アクセンチュアの最終エントリー締め切りは3月30日で、この時点では既にESの提出とWEBテスト(玉手箱)の受験を済ましておく必要がありました。

 

3月下旬~は本命企業のESについても提出準備を開始しなければなりません。

 

このことを知らない大学生は本当に多いです。

 

僕の友人ものんびり就活をしていたやつは、3月下旬になってから、そろそろWEBテストの対策をやるか~などと言ってましたが、これでは間に合わないことはないですが、正直おそすぎます。

 

この時期から、あなたが知らない優良企業や大手企業の選考の入り口というのは、いつのまにか閉ざされていきます。

 

僕はこのせいで、製薬会社の1つである小林製薬についてはエントリーしたにもかかわらず、ESの提出期限が終わっていたためか、それ以降マイページに何かしらの連絡を届くことさえ一切ありませんでした。

 

その他の外資コンサルについても、多くの企業がマイページを作成できても、選考締切がいつの間にか終わっていたせいで4月に入ってからエントリーしても、もはや選考に進むことすらできないという経験を、いくつもの会社で味わっています。

 

というわけで、3月中旬~WEB適性検査の受験を進めつつ、さらに企業のESの提出も進めつつ、出来る限りESの提出についても進めていいくという流れです。

 

アクセンチュアのES提出と玉手箱受験の時期について

 

アクセンチュアのESを提出した時期と玉手箱を受験した時期についてもお伝えしておきます。

 

まず、アクセンチュアのESを提出した時期が3月17日です。

f:id:ec0484ki:20171107171128p:plain

 

そして、ここから続けてWEB適性検査(玉手箱)の受験の指示の連絡がきます。

 

エントリーの締め切りが3月30日だったのですが、僕はギリギリまで玉手箱のテスト対策の勉強をしていたので、締め切り期限3日前になっても、まだ「玉手箱」の受験を渋っていました。

 

このときに必死こいてやっていた「玉手箱」の勉強法についてはこちらを参考に>>アクセンチュアのWEB適性検査「玉手箱」を攻略する方法についてゼロから解説!

 

以下は、その時に送られてきたアクセンチュアからの警告のメールです。

 

f:id:ec0484ki:20171107171131p:plain

 

そして、ここからESの提出とWEB適性検査の選考結果が5日後に来ます。

 

f:id:ec0484ki:20171107171135p:plain

 

そして、ここからアクセンチュアのGD選考に続くという流れです。

 

3月中のリアルな就活の流れと動き方について

【3月中の就活の流れ・動き方】

3月上旬以降

  • プレエントリー
  • 企業説明会への申し込み

3月中旬以降

  • プレエントリー
  • 企業説明会への参加
  • WEBテストの対策(最終調整くらいの意識)
  • 業界研究
  • 企業研究
  • ESの執筆開始

3月下旬以降

  • プレエントリー
  • 企業説明会への参加
  • WEBテストの対策(最終調整くらいの意識で)
  • 業界研究
  • 企業研究
  • ESの執筆
  • 本命企業群でのWEBテスト受験
  • 本命企業群へのES提出

 

という要領です。

 

これが、就活広報解禁月以降の就活の流れと3月中にやることです。

 

これを見て「なんだ余裕じゃん。」と思った就活生はいないと思います。

 

3月に入ってから上旬→中旬→下旬となるにつれて、どんどんやることは増えてくるのです。

 

3月中旬あたりでエンジンがかかっていないともうおしまいです。何もかも間に合わなくなります。

 

4月以降になると、企業の面接選考が始まります。

 

そして、この4月以降に面接が始まるという就活の実態こそが、経団連のルールとはまったく異なる、ほとんどの就活前の大学3年生が知らない事実です。

 

まとめ

ちょっと長すぎるので、ここからは別記事に分けることにしました。ここまでが3月中の就活の流れ・動き方です。ここからはいよいよ4月以降の面接が始まる時期の就活の流れについてお伝えしていきます。もうしばらくお待ちください。

 

追記

「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは?【4月編】を公開しました。