アクセンチュア新卒内定を考える就活講座

超高学歴を相手に太刀打ちするためにはそれなりの知識と準備が必要です。そのために本当に役に立つ情報を提供します。

就活を意識し始めた12月〜6月1日までの6ヶ月間で参加してきた全ての就活関連イベントに関する情報を公開します。

f:id:ec0484ki:20171017193225j:plain

 

僕が就職活動のために動き出したのは、就活解禁月であった3月1日

 

これは一般的な就活生からしたら出遅れ組です。

 

なので、もし僕と同じように就活に出遅れた学生は、以下で公開しているカツカツな就活スケジュールを見てもらったうえで、今自分がどれくらいのペースで就活をすすめていないと後々になってやばいのか、どれくらい自分が忙しくないといけないのかという参考にしてください。

 

ここにある就活スケジュールを真似しろとはいいません。

 

が、就活に出遅れているにもかかわらず、これよりも予定がスカスカだと危機感をもっておいた方がいいことは確かです。

 

そのことを踏まえて、

 

  1. 就活を本格的に開始する前の12月〜3月の3カ月
  2. 就活を本格的に始めた3月〜6月までの3か月

 

あわせて6ヶ月間で参加してきた全ての就活関連イベントに関する情報時系列ごとに掲載しておきますので、ご確認ください。

 

ここにある就活スケジュールがある種のボーダーラインです。

 

 

12月:予期せずGD対策だけは万全の状態に

f:id:ec0484ki:20171116185217j:plain

 

12月4日 

・「DEAIBAカンパニー」主催のグループディスカッション講座ガイダンスに参加

12月10日 

・「DEAIBAカンパニー」主催のグループディスカッションによる逆オファーイベントに参加

 

 

上記は、12月の時期に就活関連のイベントで参加していたものです。

 

僕が就活を本格的に開始したのは、3月以降からというのは事実ですが、実は上記のGD対策セミナーにだけは友人からの誘いのおかげもあり、参加しています。

 

このセミナーをやっている会社は、DEAIBA(デアイバ)カンパニーという会社なのですが、グループディスカッション対策に特化した就活支援企業です。

 

このイベントに参加して、ひたすら何時間もグループディスカッションをやり続けるという経験をしていたおかげで、後々のグループディスカッション選考には自信をもってのぞむことができました。

 

なので、就活解禁月前から就活スキルとしてグループディスカッション対策だけは、万全であったことは、本当によかったと思っています。

 

グループディスカッションの対策は、企業の面接と違って、かなり就活解禁前からでも、多くの企業が対策講座を開催しているので、なるべく早い段階で、GDの対策は済ませておくことをお勧めします。

 

1月:サイバーエージェントにしか興味がありませんでした。

f:id:ec0484ki:20171027003344j:plain

 

1月12日 

・「サイバーエージェント」のワークに参加

1月19日 

・「サイバーエージェント」のワークに参加

 

 

以上が、1月に参加していた就活関連のイベントです。

 

1月は、就活らしい就活はなにもしておらず、サイバーエージェントの就活生を対象にしたイベントへの参加のみでした。

 

周りの友人の何人かは、インターンに参加しだしたりWEBテスト(玉手箱やSPIなど)の勉強を開始し始めているようなことは知っていたのですが、特に焦りもせずにいました。

 

正確には、焦ることができずにいました。

 

その原因としては、ゼミの研究に取り組んでいたということもありますが、それ以前に「就活スケジュールをかなり勘違いしていた」というのが大きかったです。

 

就活広報解禁が3月で、面接解禁が6月であることを知っていたものの、これが実態とはかみ合っていない上辺だけの就活スケジュールであることには、当時の僕は気が付いていなかったのです。

 

そういう危機的な状態で、年越しを迎えました。

 

続いて2月以降以降のスケジュールです。

 

2月上旬:「ヤフー、DeNA」のES選考に落ちる

f:id:ec0484ki:20171027003216j:plain

 

2月14日 

・「キーエンス」のワンデイ就活イベントに参加

 

 

以上が、2月に参加した就活関連のイベントのすべてです。

 

2月上旬は、ヤフー、DeNAのエントリーシートに落ちたことで、「就活って案外難しいなぁ‥」という平和ボケしていた時期です。

 

この時に提出したエントリーシートについても、スマホでサクッと書き上げたものを、特に深く考えることなしに提出していました。

 

就活のやり方・コツ・常識が、まだこの頃には全然わかっていませんでした。

 

続いて、2月下旬のスケージュールです。

 

2月下旬:就活に徐々に危機感を持ち始める

f:id:ec0484ki:20171027003441j:plain

 

2月15日~

・イベントには何も参加していません。

 

 

2月下旬には何のイベントにも参加していません。

 

 

ここまでの僕の行動というのは、、

 

  1. ヤフーに行こう!⇒ダメだった。
  2. DeNAに行こう!⇒またダメだった。
  3. なら、サイバーエージェントを狙うぞ!
  4. あと、キーエンスも一応ダメだった時のために見ておこう。

 

という頭の中がお花畑の状態でした。

 

ヤフーに落ちたのも、DeNAに落ちたことも、「どうして落ちたんだろ~」という、あまりに何も考えずに提出したESであることに気付いておらず、あまりにも無知でした。

 

これぞ情報弱者です。

 

と、ここまでが僕の就活に対する危機感を持てていなかった、大学3年生らしからぬ12月~2月までの3か月間のスケジュールです。

 

たださすがに、いよいよここからは自分自身のこれまでの行動の愚かさにも気づきます。

 

そして、就活を本格的に3月以降から始めることになります。

 

とはいっても、企業説明会などのイベントの予約にも、どんなイベントに参加すればいいのか?どんな就活サイトを使えばいいのかさえよくわかっていませんでした。

 

なので、就活関連のイベントに参加できた回数も、本当に雀の涙ほどです。

 

3月上旬:ようやく就活に本格的に取り組み始める!

f:id:ec0484ki:20171027003615j:plain

 

3月1日 -

3月2日 -

3月3日 - 

3月4日 -

3月5日 -

3月6日 

・キーエンスの会社説明会に参加

3月7日 -

3月8日 -

3月9日 

・ガイアックスの企業説明会に参加

3月10日 -

3月11日 -

3月12日 -

3月13日 -

3月14日 -

3月15日 

・サイバーエージェントの企業選考会に参加

 

 

以上が、3月上旬に実際に足を運んだ就活関連のイベントです。

 

この時期に参加できた就活イベントというのは、サイバーエージェントとキーエンスとガイアックスという会社の3社のみでした。

 

通常の就活生であれば、非常によろしくないスケジュールです。

 

あまりにも参加しているイベントの数が少なすぎます。

 

本来であれば、3月に入ってから就活の計画を練り始めたこともあり、本来であれば2月中に3月以降の就活スケジュールについては立てておくべきです。

 

しかし、僕の場合は、この2月中に本来はやっておくべきことを、3月上旬の時期に無理やりぎゅっと圧縮して、すべてのスケジュールをカツカツの状態でこなすことになりました。

 

なので、この点は見習ってはいけません。

 

というわけで、3月上旬の主にやったことをまとめると、、

【3月上旬】

・リクナビ+αその他多数就活サイトへの会員登録

・気になる企業への説明会申込みをとにかく大急ぎでこなす。

・サイバーエージェント&キーエンス&ガイアックスの選考会へ参加➡当然、全落ち

■専用記事:「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは?【3月編】

 

という感じです。

 

では、続いて3月下旬のスケジュールです。

 

3月下旬:「就活」に全てを注ぐ日々の幕開け

f:id:ec0484ki:20171027003643j:plain


3月16日 

・「野村総合研究所」の企業説明会に参加

3月17日 -

3月18日 

・船井総合研究所の就活セミナーに参加

3月19日 

・GoodFind主催プレミアムキャリサット【合同企業説明会】に参加

3月20日 -

3月21日 

・「タナベ経営」の企業説明会に参加

3月22日 -

3月23日 -

3月24日 

・「SPIテストセンター」にてSPIのテストを受験

・「エイチーム」の企業説明会参加&適正テスト受験

・「SBIホールディングス」の説明会参加

3月25日 

・「第一三共ヘルスケア」の企業説明会に参加

・「SPIテストセンター」にてSPIを受験(2回目)

3月26日 - 

3月27日 

・「リクルート住まいカンパニー」の就活イベントに参加 

3月28日 

・「武田薬品工業」のMRについて学ぶセミナーに参加

3月29日 

・「山田ビジネスコンサルティング」の企業説明会に参加

3月30日 - 

3月31日 

・「アビームコンサルティング」の企業体感セミナーに参加

・「第一三共ヘルスケア」の企業説明会に参加

 

 

以上が、3月下旬に実際に足を運んだ企業説明会や就活関連のイベントです。

 

この時期からついに就活の鬼へと化していきます。

 

余計な迷いはここではありません。

 

「あれこれ将来のことなんて迷わず、とにかく今は内定をとろう。

 

4年間大学に通ってきたケジメをここでつけよう。」

 

そう決意して、僕にはようやくスイッチが入りました。

 

あとこの3月下旬の時期にも、4月以降参加するイベント申込、ESの提出についても同時進行となるので、就活を始める時期が遅かった分、スケジュールもつめつめで、それはそれは忙しかったです。

 

 

というわけで、3月下旬の主な動きをまとめると、、

【3月下旬】

・企業説明会にも複数参加。※製薬業界、コンサル業界、IT業界に狙いを定める

・玉手箱のWEBテスト・SPIテストセンターの勉強を毎日少しずつ

・企業へのES執筆とエントリーを同時進行

■専用記事:「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは?【3月編】

 

 といった感じです。

 

では、ここから4月以降のスケジュールです。

 

4月上旬:選考会で失敗の連続⇒圧倒的成長

f:id:ec0484ki:20171027003705j:plain


4月1日

・GoodFindの就活イベント「パラダイムシフト」に参加

4月2日 

・SPIテストセンターにてSPIの受験(3回目)

4月3日

・「エイチーム」の選考会(面接)に参加

・GoodFindの就活アドバイザーの方と就職活動についての面談

4月4日 

・「大正製薬」の企業説明会に参加

・「エムスリー」の説明会&そのまま選考会に参加

4月5日 

・「リクルート」の自己分析・面談講座に参加

・「船井総合研究所」の選考会に参加

4月6日 -

4月7日 -

4月8日 

・「リクルートメディカルキャリア」の企業説明会に参加

4月9日 -

4月10日 -

4月11日 

・「アクセンチュア」のGD(グループディスカッション)選考に参加

アクセンチュアのグループディスカッション(GD)の通過率は?内々定者が実体験を踏まえて徹底予測!

 

4月12日 -

4月13日 

・「NKメディコ」の企業説明会に参加

4月14日 

・「NKメディコ」の採用担当者と個人面談かつ裏選考

・「SBIホールディングス」の選考会に参加 

4月15日 

・「サイボウズ」の企業説明会に参加

 

 

以上が、4月上旬に実際に足を運んだ企業説明会・企業選考会や就活関連のイベントです。

 

4月以降は、企業の選考活動にもバンバン参加していきました。

 

3月末までには、4月上旬に受ける企業についてのESは、既に提出しておく必要があります。

 

そして僕が一番最初に、まともに面接をした企業というのが「エイチーム」という会社だったのですが、これがもう緊張しまくりで、就活中で最初に心が折られた瞬間でした。

 

この頃に初めて、面接スキルのなさに気が付かされます。

 

そして、その日のうちにグッドファインドのキャリアアドバイザー面談を急遽取り付け、面接対策についてガッツリここで相談しています。

 

そのすぐ後に、既にエントリーしていた「エムスリー」という会社の面接も受けたのですが、これまた玉砕されています。

 

またしても面接がまったくうまく行きませんでした。

 

そこから再び、このままではやばいと「リクルートのキャリアアドバイザー」との面談を申込み、面接の特訓を積みます。

 

さらに、それでも面談スキルに自信のなかった僕は「大学のキャリアセンターでの模擬面接」に申し込んで、面接スキルを磨くことにひたすら労力を割いていきました。

 

というわけで、4月上旬の主な動きをまとめると、、

【4月上旬】

・企業の選考の面接に初挑戦するも⇒見事玉砕される⇒その後も続けざまに連敗

・自身の面接スキルのなさに絶望する⇒面接のための猛特訓の日々

・GD(グループディスカッション)の選考はバッチリに乗り切る

■専用記事:「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは?【4月編】

 

といった感じです。

 

では、ここから4月下旬のスケジュールです。

 

4月下旬:最終調整⇒本命企業の選考会に挑む

f:id:ec0484ki:20171027003742j:plain


4月16日 

・「ブラニュー株式会社」の企業説明会に参加

4月17日 

・「大学のキャリアセンター」にて模擬面接講座に参加 

4月18日 

・「船井総合研究所」の3次選考(集団面接)に参加

 ・夜行バスで東京へ。

4月19日 

・「NKメディコ」の選考(2次面接+ケーススタディ有)に参加IN東京

・「GENOVA」の企業説明会に参加IN東京

・「MEDIX」の企業説明会に参加IN東京

4月20日 

・「ソーシャルワイヤー」の説明会に参加IN東京

4月21日 

・「大学のキャリアセンター」の模擬面接講座に参加

4月22日 

・「アークレイ」の文理合同セミナーに参加

・「ヒューマネジ社テストセンター」にてヒューマネジテストを受験

4月23日 -

4月24日 

・「NKメディコ」の選考(3次選考)に参加

4月25日 

・「クラシエ」の企業選考会(1次選考)に参加

・「フューチャーブレーン」の企業説明会に参加

4月26日 

・「アクセンチュア」の一次面接(面接+ケーススタディ有)に参加

アクセンチュア1次面接(新卒ビジネスコンサルタント職)の選考内容の全て

ケース面接対策(前編):アクセンチュアの一次面接通過のためにも必須!

ケース面接対策(後編):ケーススタディの頻出問題トップ2を徹底解説!

 

4月27日 

・「WEBクルー」の企業説明会に参加

4月28日 

・「大正製薬」の一次選考通過者の座談会に参加

・「フリーセル」の企業説明会&選考会に参加

4月29日 

・「船井総合研究所」の2次選考通過者の座談会に参加

4月30日 

・「ツムラ」の企業説明会に参加

・夜行バスで東京へ。

 

 

以上が、4月下旬に実際に足を運んだ就活関連のイベントです。

 

4月上旬以降の就活スタイルとして、まだまだ未熟な面接スキルを身につけるべく、とにかく面接まで確実に進ましてくれる比較的大手ではない企業の選考中心に参加する方法で、面接の場数を踏むことを実践していきました。

 

どんなにクセのある社会人にも耐えられるように、

 

  • イケイケの社員ばかりのWEB系の会社
  • ゴリゴリの社員ばかりの会社
  • 女性社員多数の会社
  • お堅いおじいちゃんばかりの製薬会社
  • 特殊なコンサルの会社

 

などなど、とにかく受けに受けまくって、面接スキル、対社会人とのコミュニケーション力をつけていきました。

 

というわけで、4月下旬の主な動きをまとめると、、

【4月下旬】

・自身の面接スキルを鍛えるために、とにかく対面の機会を増やす。

・説明会&選考会がセットになっているイベントに極力参加して、説明会の最中に志望理由を簡単にまとめて、その後の選考に”特にその会社に行きたいと思ってもないのに”あえて進み、面接スキルを磨く機会を無理矢理つくるために面接を受け続ける。

・5月以降の本命企業の選考ではドヤ顔で挑めるくらいにまで就活特化型の学生に様変わりし、意識高い&余裕のある学生を演じきれるレベルにまで自分を持っていく。

■専用記事:「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは?【4月編】

 

といった感じです。

 

では、ここからは5月上旬のスケジュールです。

 

5月上旬:就活終盤⇒就活の着地地点を設定

f:id:ec0484ki:20171027003845j:plain


5月1日 

・「EXIDEA」の選考会に参加

5月2日 -

5月3日 -

5月4日 -

5月5日 -

5月6日 -

5月7日 

・OB/OG訪問IN大阪

5月8日 

・「WEBクルー」の選考会(一次選考会)

・夜行バスで東京へ。

5月9日 

・「NKメディコ」の選考会(4次面接)

・「オロ株式会社」の企業説明会&選考会

・夜行バスをバスターミナルで逃す。

夜行バスに就活生が一回乗り遅れたことで経済的大打撃を受けたという惨めな話をします 

 
5月10日 

・「船井総合研究所」の4次選考に参加

5月11日 -

5月12日 -

5月13日 -

5月14日 -

5月15日 -

 

 

以上が、5月上旬に実際に足を運んだ企業説明会・企業選考会や就活関連のイベントです。

 

4月中の最大の課題でもあった「面接スキル」については既に仕上がっており、5月上旬のこの期間は、それまで鍛錬してきた面接スキルが鈍らないようにWEB系の企業を肩慣らしのために受けていたくらいです。

 

そして、5月に入ってすぐに、船井総研については最終面接は残ってはいたものの、4次選考を通じて、ほぼほぼ内定を確信することになります。

 

なので、この時期からやるべきことは、NKメディコ・船井総合研究所・アクセンチュア、これら企業の選考の準備に残りの期間は注ぐのみでした。

 

というわけで、5月上旬の主な動きをまとめると、、

【5月上旬】

・面接スキルも既に万全の状態。感覚がなまらないように肩慣らしする程度。

・NKメディコ、船井総合研究所、アクセンチュアの3社からの内定を着地点に設定

・これまでの選考過程での話してきた内容の再確認。就活終盤戦。

■専用記事:「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは?【5月・6月編】

 

といった感じです。

 

では、ここからは5月下旬のスケジュールです。

 

5月下旬:「アクセンチュア」の新卒内定獲得

f:id:ec0484ki:20171109150342j:plain


5月16日 

・「マイクロウェーブ」のIT企画職体感セミナーに参加

・夜行バスで東京へ。

5月17日 

・「アクセンチュア」の最終選考に参加

アクセンチュア・ビジネスコンサルタント職の二次面接(最終面接)を受けてきたので体験レビューを書き残す

・「オプト」の企業説明会に参加

5月18日   -

5月19日 -

5月20日 -

5月21日 -

5月22日 -

5月23日 

・「アクセンチュア」の内々定者オリエンテーションに参加

 ⇒【速報】アクセンチュアの内々定を取得!オリエンテーションにも参加してきたので、そこでの情報をシェアします 


5月24日 -

5月25日 

・「船井総合研究所」の最終面接に参加※事実上入社意思の確認の場所

5月26日 -

5月27日 -

5月28日 -

5月29日 -

5月30日 -

5月31日 -

 

 

以上が、5月下旬に実際に足を運んだ就活関連のイベントです。

 

この時期にアクセンチュアからの内々定を獲得します。

 

5月18日のことです。

 

f:id:ec0484ki:20171103192757p:plain

 

もちろん、ここで就活をぴったりとやめてしまってもよかったのですが、残る船井総研の選考にものぞみます。

 

他には、まだ面接選考が始まっていない企業として、リクルートや製薬会社にはエントリーしていたのですが、これら企業の選考も全てこのタイミングで途中辞退します。

 

というわけで、5月下旬の主な動きをまとめると、、

【5月下旬】

・アクセンチュアからの内々定獲得

・船井総研からの内々定獲得

・目標としていた企業からの内定獲得⇒就活のエンジンが切れる

■専用記事:「就活広報解禁は3月、面接解禁は6月の就活スケジュール」で失敗しない就活のやり方とは【5月・6月編】

 

といった感じです。

 

6月:就活終了


6月1日 

・就活終了

 

まとめ

f:id:ec0484ki:20171027004419j:plain

 

というわけで以上、18卒の僕が実際に足を運んだ就活関連イベントに関する就活スケジュールでした。

 

上記の就活イベントに参加しながら、僕は、企業研究を進め、エントリーの作業をすすめ、WEB適性検査の対策をすすめ、6月1日までやってきました。

 

この記録をみて、人によっては「え、こんなにやらなくちゃいけないの?」と思った学生もいれば「なんだ、こんなもんね」と余裕に感じている方など、それぞれでしょう。

 

当然、このスケジュールをこなすことが厳しいと感じた学生は、思っている以上に頑張らないといけないですし、そうでない学生はさらに上を目指して頑張ってもらえばいいです。

 

僕はあくまで就活出遅れ組です。

 

早期の時期から就活を始めている学生というは、大学3年の夏頃から基本的には動いています。

 

そのころに動いるやつが全員すごいやつらとは言いませんが、そういった就活生よりは確実に経験の差は開いていました。

 

となると、就活出遅れ組に求められるのは、いかに効率よく就活スキルを身に着けていくのかの工夫と、経験の差では負けない自信がつくまで自分を追い込む短期集中の努力です。

 

就活に乗り遅れたとわかっているなら、その分だけ就活先駆者に負けないように死ぬ気で頑張らないといけません。今が人生で最初の大きな踏ん張りどころです。それでは、また。

 

>>>アクセンチュアを制する!基本情報から内定戦略、新卒入社のメリット・デメリットまでこの会社のすべてを抉り出す