アクセンチュア新卒内定を本気で考える

高学歴相手に太刀打ちするためにはそれなりの知識と準備が必要です。就活をやってきた中で経験したことを書いていきます。

コンサル業界の就活

あなたがコンサル志望であるのなら、コンサル志望者としての最低限の知識を持ったうえで就活に臨まなければなりません。ここでは、コンサルティングファーム内定のためにも必要な有力情報をお伝えします。

これまで手に取った書籍の中でコンサル志望者に特におすすめしたい書籍10選

これまで手に取った書籍の中でコンサル志望者におすすめの本を紹介します。 就活中に読んでください。 というよりも、就活中でもないとこれから紹介する本をあなたが手にしようと思うことはないでしょう。 しかし、こういった書籍を読み込んでいる就活生が少…

「”PDCAサイクルを回せることを証明する”というゴールの確認→テクニック習得→実践経験」これがアクセンチュア新卒内定獲得の必勝ルートです。

アクセンチュアに内定するための道筋は明確です。 STEP1:”PDCAサイクルを回せることを証明する”というゴールの確認(詳しくはこちら:コンサルの面接では結局のところ何が評価されるのか? ) ↓ STEP2:テクニック習得(詳しくはこちら: 徹底解説!新卒が…

徹底解説!新卒がアクセンチュア内定をつかみ取るために習得すべき「テクニック(3つの戦略)」

アクセンチュア内定獲得のために必要になるテクニックは決まっています。 まずはその3つの戦略の概要を確認してください。 戦略①正しい情報収集→過去のアクセンチュア内定者のESを学んで真似る。就転職サイトとアクセンチュアOB/OGを介した企業研究。 戦略②…

コンサル志望者必見!主要コンサルティングファーム32社の新卒採用プロセスまとめ

今回は、主要コンサルティングファーム32社の新卒採用プレセスについて紹介します。 自分でコンサル会社を探して、それぞれの採用プロセスを1つ1つ確認している人は少ないと思います。 ここでは、シンプルに32社分の選考内容を記しているので、これを参考に…

戦略系コンサルと会計・総合系コンサルのビジネスモデルの違いって何?

今回は、戦略系コンサルと会計・総合系コンサル(非戦略など呼び方は様々)の大枠の「ビジネスモデル」の違いについてお伝えします。 これを読んであなたも戦略コンサルと会計・総合系コンサルのビジネスモデルを理解するところから、あなたがどのコンサルフ…

コンサルタントの種類を「〇〇系ファーム」ごとに見るのが無意味である理由

コンサルタントを志望する上で、まず最初に調べることと言えば、戦略コンサルはどこで、会計・総合系コンサル(非戦略コンサル)はどこで、金融系コンサルはどこで‥といったコンサルの種類についての情報ではないでしょうか。 僕も、現に就活を始めたての頃…

コンサルの面接では結局のところ何が評価されるのか?

コンサルティングファームに求められる能力というのは極論を言えば、たった1つしかありません。 この1つの能力があるかどうかを、コンサルの面接では根ほり葉ほり聞かれ、試され、最終的にあなたを採用すべきであるのかを判断するのです。 アクセンチュアも…

コンサルタントに向いている人の5つの特徴

「コンサルの業界は志望理由とかは関係ない。向いてるかどうか。」 この言葉は、元・マッキンゼーの並木さんという方が就活ファールで玉井君に放った、僕が忘れられない名言の1つです。 この言葉をきっかけに僕は、マッキンゼーを目指すことを一度は真剣に…

新卒がコンサルティングファームに入るために知っておくべき11の知識

コンサルティングファームによって、また職種によっては、採用プロセスや採用の観点に違いはありますが、求められる基本的な能力や資質という点に限って言えば、そこまで大きな違いはりません。 あなたは新卒がコンサルティングファームに入るために、どうい…

コンサルタントをうならせる自己PRができるようになる方法を0から解説

コンサル志望者に特に完成度の高いものに仕上げておいてもらいたいスキルの1つが面接中の自己PRです。 ここの対策が甘いような人は、どこのコンサル企業でも、即選考落ちしてしまう恐れがあります。 というわけで、今回は、どれほどコンサル志望者にとって「…

外資コンサルへの転職成功事例から学ぶ「新卒が気をつけるべきこと」

33歳のベンチャー企業勤めのおじさんによる外資コンサルへの転職成功事例を見たところ役に立つ情報がたくさんありました。 役立つ情報というのは、いい意味でも悪い意味でも、新卒のコンサル志望者にとって参考になる部分がかなり見つかったということです。…

日系コンサル船井総研からの内々定を獲得!新たな決意表明と共に、心境報告!

先日、船井総研からの内々定の通知を電話で頂きました。 このコンサル会社は、僕が就職活動を始めた当初、船井のみに志望企業を絞り込んでいた会社にあたります。 というのも、今からちょうど2カ月ほど前には、僕は本当にこの会社にしか行く気がありませんで…

コンサルは向いているか、向いていないか、が大きいです。しかし、圧倒的な準備と知恵でその壁は越えられます。今まさにこの瞬間から、「考えて行動する」ことを始めてください。「意識と行動」が変わればどんどん成長していきます。20代の現瞬を大切にしてやるべきことを成せば、必ず結果はついてくるのです。このブログに巡り巡って出会えた”今”から頑張ってください。高学歴相手にも負けない、コンサルティングファーム内定までの、僕がたどった1本の成功法則をここに残します。

【アクセンチュア新卒内定獲得の必勝ルート】「”PDCAサイクルを回せることを証明する”というゴールの確認→テクニック習得→実践経験」これがアクセンチュア新卒内定獲得の必勝ルートです。

 

新着記事